カコノタワゴト
2006年 9月〜10月


戻る


10月26日

『うたわれるもの』の話題が多い今回。


うたわれるものらじお #16
今回は力也さんが攻めだー(笑)。でもこれってひょっとして「押してだめなら引いてみな」が実践出来てるってことかも…?


うたわれるもの 散りゆく者への子守唄(PS2)
ついに発売しましたね。新OPアニメはかなり綺麗。でも新キャラの人出てませんでした。シナリオに関しては声を飛ばさずに進めているのでまだヌワンギが登場したあたりまでしか進んでないのですが、特に変更された形跡はなし。戦闘に関しては、まず目(耳?)に付いたのが音楽の変更。まだ最初の一回だけなのでこの先全部が変更されているかはわかりませんが、個人的にはいい感じです。笛の音大好きなんで(笑)。あとアイテム収集等のやり込み要素も追加されてるっぽいのでクリアまでかなり長く遊べそうです。きゃっほう。

ぶらばん!(PC)
由貴・妙クリア。妙の感想は後日書きますので、まずは由貴の感想から。ハッキリ言って由貴のシナリオは全キャラ中一番面白かったですね。絵的にいわゆる「ツンデレ」キャラかと思わせておいて実は…(謎)。内容はそれほど重くはなく、学園モノとしてはこれくらいが丁度いいんじゃないかと思いました。というか他キャラが重過ぎるだけなんでしょうけど…。ちなみにえちシーンとかに関しては相変わらず主人公はチャレンジャーだなぁとしか…。燃え滾るパッションの前では状況や場所など気にならないというわけか…(遠い目)。あと唯一勝負の結果が違いますが、大筋としてはほとんど差はありません。本来重要な部分のはずなんですけどね…。


うたわれるもの余禄 其之二(DVD-BOX 章之二)
カミュがメインの話…のようなそうでないような…。今回も原作ゲームのあるエピソードを抜粋した内容でしたが、終わったとき「え? これで終わり?」と思ってしまいました。個人の感覚の違いかもしれませんが、少々オチが弱く感じました。脚本もそうですが、作画も前回と同じかたが描かれているはずですが微妙に崩れていたような…。ムックルはデフォルメ(?)しすぎですし。きっとEDのお風呂シーンに力注ぎすぎちゃったんだろうなぁ…(苦笑)。

パンプキン・シザーズ 第4話
マーチス准尉が伍長の特異性に疑問を持ち始める話。作画も持ち直しましたがランタンモード(仮)時の伍長は怖すぎ(笑)。あれじゃあ確かに「化物」って言葉が出てきちゃうよなぁ。それはさておき、何度見返してもマーチス准尉があの位置で倒れていた理由がわからないのですが。爆風で吹っ飛んだんだとしても、少尉たちと一緒にいたことから考えると位置関係的に前方に吹っ飛んだことになるわけで不自然極まりない。しかも一人だけ。うーん。



10月22日

吹いた(笑)。
更に吹いた(笑)。


○君が呼ぶ、メギドの丘で
Karen氏原画という時点で買い決定なわけですが、欲を言えば1人で描いて欲しかったですね。でも氏は仕事遅い(と聞いたことがある)ので仕方ないか…。あと3DRPGらしいですが、どれだけPCの性能を要求されるのか不安でもありますな。

秋のうららの〜あかね色商店街〜
ぺこ氏絵柄微妙に変わった…? 好きな絵師さんなので買う可能性は高いと思われます。


魔法先生 ネギま! 16巻
ところでゆえはチビったのだろうか?

ウルスラの脱げ女(笑)こと高音さんのさきっちょのトーンがどう見ても(略 これについては赤松氏の日記(10月15日〜16日参照)でも語られてますね。でも見たときビックリしました(笑)。
話は変わりますが遅れてくる楓をギリギリまで待つあたりで何となくFF6のワンシーンを思い出したり。魔大陸の某忍者を待つあのイベントを…。


うたわれるものらじお #15
久々に力也さん&柚木さんの2人だけの回。でも前回・前々回を反省してか、いつもに比べて柚木さんがおとなしかったような…。その代わり力也さんがゲーム版『うたわれるもの』について熱く語ってくれました。つーかやっと発売するんですねぇ…(しみじみ)。


ぶらばん!(PC)
みなせクリア。前2人に比べると主人公が全然動いていたのでわりと楽しめました。まぁ前2人とのギャップの効果もあると思われるのでシナリオ自体が面白かったのかどうか正常な判断が出来てないと思われますが(笑)。何にせよ主人公が動かないとプレイしていて面白くないのは確かだと思います。

以下ネタバレツッコミ↓
まず、早く家に帰ってあげなとか言いつつ行為に至るのってどうなの? 帰るの遅くなってるやん! 更に不純異性交遊の疑いに対し潔白を証明した直後なのに行為に至るってどうなの? 疑惑を本当にしてしまってバレたらどうすんの!? そして毎度毎度、コンクールが迫ってるってのに(以下略
えろげ的にどこかに入れなきゃならないのはわかるんですが、とにかくタイミングが悪すぎます。あと1日1回、連続3日とか、事を急ぎすぎです。ED後に一回入れるなりしてもうちょっと分散させるべきでしょう。…って、なんか総評みたいなこと書いてますが、あまりにワンパターンなんで…。おそらく残り2人も似たパターンになるんでしょうねぇ…。



10月17日

この部分に書くことが思いつかず30分経過してさすがに虚しくなりました。


ぶらばん!(PC)
須美クリア。相変わらず主人公が積極的に動くことなく流れに身を任せるまま物語が進行します。何度も何度も須美がどんな目に遭っているのか気付けそうな場面に遭遇しているのにまったく気付かず、問題が発生してからやっと動き出す体たらく。常に後手に回る主人公に終始イライラさせられました。それでいてやることはキッチリやってるし(部活じゃありません、アレです)。だ・か・ら! 時と場合をか・ん・が・え・ろってーの!! するなとは言いませんがそこに至る経緯を見ているとどうにも勝負のほうに対する真剣さが伝わって来ず、それでも勝ってしまうことに納得がいかないんですが…。ていうか委員長の時とまったく同じ展開(共通ルート)ってどうなの…? そしてEDもイマイチすっきりしないですし。最後なんだから別れのシーンを描くよりも、時間を経過させて強くなった須美と杏子の再開シーンを描いたほうが区切りが付いてスッキリしたんじゃないかと思うのは素人考えなのかな…? あともうひとつ、いじめっ娘3人組がまったくお咎めなしなわけですが、同じ部活でやっていけるのかねぇ…?

というわけで委員長ルートに輪をかけて不満&ツッコミどころの多いルートでした。これでキャラが可愛くなかったらもう投げ出してますね(苦笑)。


パンプキン・シザーズ 第3話
作画がちょっと落ちたかな。といっても1話・2話の高クオリティと比べて落ちたってだけで、別に悪いわけではないんですがね、ただちょっと少尉の髪がヘルメットのように見えたり見えなかったり…(汗)。それはさておき最後の伍長が落石から少尉を助けるシーン、アレ、下手したら銃弾が少尉や親父さんに当たったんじゃなかろうか…? あと崩落した岩もドアノッカーで穴を開けたっぽいけど、あの銃でそれは無理なんじゃなかろうか…? そして可能なら可能で、最初からそれ使えよというツッコミが…。うーん。



10月14日

今朝は地震で目が覚めました。もっと寝ていても良かったのになんとなくそのまま起きてしまいました。そして今現在眠気に襲われていて「朝もうちょっと寝ておけば…!」と後悔したりしてるお約束っぷり(苦笑)。


うたわれるものらじお #13 #14
やっと聴けました。12回目の放送の影響で柚木さんがすごいことになってましたね(苦笑)。そしてそれをニヤニヤしながら聴いてた自分…。


ぶらばん!(PC)
委員長クリア。シナリオは可もなく不可もなく。主人公が積極的に問題を解決しようと動かず(まったく動かないわけでもないけれど)、流れに身を任せていたらいつの間にか解決した感じ。まぁ設定的にブラバンの練習以外のことをしてる暇が主人公にないので仕方ないと言えなくもないのですいが…そう考えるとかなり縛りのある設定だよなぁ。そして特に画期的な練習をするわけでもなく逆転の秘策があるわけでもなく普通に相手に勝利するので、物語的な意味でイマイチ盛り上がり欠けましたね。演奏シーンの演出は良かったですけど。相手顧問の最後(?)もあまり捻りの利いた物でもありませんでした。

で、上記で練習以外のことしてる暇ないと書きましたがそこはえろげ、やることはしっかりやってます。でも個人的に時と場合を考えろって感じでした。えろげ的に矛盾すること書いてますが、部の存続を賭けた勝負の数日前にンなことやってる場合じゃありません。まじで。それでも勝っちゃうんだから何というか…。しかもEDがあっさりしすぎですし。ていうか、可もなく不可もなくって書いておきながら、実は不満ありありなのかも…?(汗)


パンプキン・シザーズ 第2話
やー、今回も全体的なクオリティ高いなぁ。特にメイドさんたちのクオリティが(去ね あと何気に3課の車がすごい。水陸両用だし! 撃っても撃っても近づいてくる伍長はまさに悪鬼の如し。強いて言えばじわじわ近付いてくる様子をもっとじっくり描写して欲しかったかな? いつの間にか戦車の目の前に来てた感じがしましたから。勿論主観の問題なんでそう思わなかった人もいるでしょうし、「強いて言えば」なんで全然悪くはないんですが。



jpg:!?的安全確認
その1 その2 その3
その4 その5 その6 その7
途中から全然関係ない話になってて笑った(笑)。



10月10日

旧体育の日ですな。…くらいしか書くことがない…。


ぶらばん!(PC)
あまりに書くことがないので始めました(えー まだ開始30分ほどの所までしか進んでませんが、わりといい感じ。隣の家に住む幼馴染が朝起こしに来るとか窓越しの会話とかベタベタですが(笑)。絵買いしただけあってとにかく女の子が可愛いです。まぁ強いて言えば、手が大きすぎに見える立ち絵があるのが気になるくらいかな?

パンプキン・シザーズ 第2話
目覚ましかけ忘れて見逃しました…。_| ̄|○
でも大丈夫、U局系アニメは別の日に他チャンネルで観れますから!! …でも楽しみにしている作品だけになるべく早く観たかったってのが間違いのない本音。迂闊に感想書いてるサイトさん覗けないっす(汗)。



10月 5日

なんとなく戯言の過去ログを見てたらPS2版SNOWをプレイした頃の書き込みで

>エロいらない、いらないよ、逆移植とかしなくていいよ、
>したらしたで買うけど!!(どっちだ)


…というのがありました。買うしかねぇのか…?

>バグが凄いらしいという話でしたが、メーカー見て納得。
田中ロミオ氏のシナリオということで体験版やってみたんですが…どうにも原画が量産型323女史っぽすぎてスルー。某同人で世界制服を目指すゲームに出てくるキャラと似てるのも数人いるし…。ネタとしてわざと似せてる可能性もありますが、なんにせよ自分には馴染めませんでした。しかしそうか…バグが酷いのか…。スルーして正解だったのかな…?


うたわれるものらじお #13
聴けるようになったか!? と思ったらまた聴けなくなってますね…(汗)。


パンプキン・シザーズ 第1話
第1話は原作既読の自分も満足の行く出来でした。ツッコミどころが特にないので書くことが思い浮かびませんな(笑)。願わくばこのクオリティを最後まで維持して欲しいです。

COYOTE RAGTIME SHOW 第12話(最終回)
12姉妹おいてきぼりでミスターとマルチアーノの一騎打ち。マルチアーノが「コヨーテ」を憎んでいるのはわかったけどミスター個人にあそこまで固執する理由としては少々弱い気が。ブルース然り、名の知れたコヨーテを順に抹殺したかっただけなのか。なんにせよマルチアーノは1人で暴走してやられた感じでしたね…。あとスワンプが見事に生き残り、予想大ハズレ。ていうか序盤から最後までメンバーにいるキャラならOPくらい登場させてあげれば良かったのに…。そして12姉妹でただ一人死亡した9月が哀れ…。

終わったときの感想は「え? もう終わり?」でした。面白さのあまり早く感じたというのではなく、12話使ったのに中身がスカスカだったからです。せっかくキャラ設定がいいのに全然活かされてなかったように思いました(特に12姉妹)。どうせなら1話完結系の話にすれば、情報量が多くなり脚本も作画も大変になるでしょうけど、各キャラ主役のエピソードが1回くらいずつ振れたのではないでしょうか。色々と残念な作品でした。

うたわれるもの 第26話(最終回)
2大怪獣決戦ファイナル!!(笑) エルルゥとアルルゥ、オボロ他のメンバーの集合絵が何度か使いまわされていたのがちょっと気になりましたがそれ以外はほぼ文句なし! 最後の最後、エルルゥの振り向き笑顔はちょっと違和感がありましたが(振り向いて「何か」に気付いた等の気配なしに笑顔になったので)、ハクオロとエルルゥのキスシーンは原作を超えた!と思いました。

放送開始から常に2クールで終わるのか?という不安を抱えていた今作、削られたエピソードも多数ありましたが、それでもよくまとめきったなぁと思いました。「見事」の一言です。スタッフの皆さんお疲れ様でした。削られたエピソードのうちいくつかはDVD特典のほうで期待してます(笑)。



jpg:ネギま!? 賢者の舞
無意識に習得している…!?(笑)

jpg:塔矢名人倒れる
画像とは関係ないのですが小畑氏の逮捕を最近知りました…。



10月 2日

ひとつヤマを越えました。数ヵ月後(?)に更に大きなヤマが待ってますけどとりあえず一息つけそうです。


今期から始まるアニメで観ようと思っている物とか
パンプキン・シザーズ テレビ神奈川 10/2(月)26:15〜

↑一個のみ。予告見る限りクオリティ高いですしめちゃめちゃ期待してます。原作はまだまだ先が長そうですが、それをどうまとめて終わらせるかも見所。他には観たいのが全然ないですね。


ゼロの使い魔 9巻
読んでるときはニヤニヤしながら読んでたのですが、いざ読み終わってみるとなんとなく納得がいかない気分になりました。○○○○○○○の復活は嬉しいのですが、予めそう決まっていたのか人気があったから復活させたのかによって自分の中の作者さんへの評価がかわりますね。どっちなんだろう。


うたわれるものらじお #12
柚木さんいなくてもやって行けるんじゃないかと思っt(パァン

それにしても力也さんモテモテ(死語?)ですねぇ。今回は柚木さんがお休みでゲストに大原さやかさんが登場。柚木さんの代わりに力也さんに迫りまくってましたね(笑)。これはこれで大変面白うございましたが、柚木さんがお休みでなかったらドロドロの愛憎劇になっていたであろうことは容易に想像がつき、それを思うと少々残念でもあります(えー


こんな娘がいたら僕はもう…!! 体験版(PC)
タイトルは激しく怪しいですが(笑)、内容はわりと普通でした。ゲーム的な意味で。ススムの声は微っ妙〜でしたが慣れれば味があると言えなくもないかもしれません。ていうか体験版やってる暇があるなら他のゲームを崩せと。それ以前にサイト更新しろと(自己ツッコミ


ゼロの使い魔
・12話
シエスタの帰郷&ゼロ戦登場。シエスタの家族の登場のカットは時間的に仕方ないけど家宝であるゼロ戦を勝手に持っていって良かったの?という気もしました。原作と違って本当しっかり隠されていたわけですしね。コルベール先生とそれに同行する形でルイズを話しに絡ませたのは上手かったですね。どーでもいいけど9話以降キュルケがなんの前触れもなくサイト君を呼び捨てにするようになっていることに違和感を覚える。

・13話
未見

ARIA2
・25話
屋形船のお話。んー、ここでこの話使うかぁ。最終回に使われると思ってましたよ。アリシア・晃・アテナの三大妖精は勿論、暁・ウッディー・アルの水以外の精霊職のメンバー、グランマ、郵便屋のおじさん、アイちゃんと勢揃い。まさにラストを飾るに相応しいお話でした(ラストじゃないけど)。惜しむらくは作画が不安定だったこと。あとメイド風のヘッドドレスは良かったのですがエプロンがなんだか似合ってませんでしたね…。

・26話
未見

うたわれるもの
・23話
ワーベ救出のイベントを削って(人任せにして)エルルゥの心境の機微を中心にした話になってましたね。構成上手い!とも思いましたがワーベ救出のイベントが削られたのも確か。おかげで○○○の見せ場も削られることに…。仕方ないとはいえつくづく勿体無い限りです。個人的にはゲンジマルとトウカ&カルラの絡みも欲しかったですが、こちらも時間の都合上削られるのは仕方ないか…。

・24話
クンネカムン崩壊。アヴ・カムゥ普通に倒されてるし…(汗)。クーヤも投降し、決着かと思われた場所にシャアディー登場。彼とクンネカムン、そしてゲンジマルとの因縁・契約、ヒエンとハウエンクアの裏切り、ハクオロの覚醒、ムツミの覚醒、そしてゲンジマルの死とクーヤの…。短い時間に情報がたっぷり詰まってました。果たして原作未プレイの人についていけたかどうか…。ちなみに原作プレイ済みの自分としては、少し急ぎ足であったもののよくここまでまとめたなぁと関心しきりでした。しかしそれでもあと2話で終われるのか不安です。時間大丈夫かなぁ?

・25話
ディーとムツミがいると思われる場所へ乗り込むハクオロ達。時間も推してるのにAパートを仲間達それぞれの心境、行動を見せる構成にしたのは見事の一言。これによってしっかりと間を作り、一気に最終回に向けてダッシュが出来た感じです。作画も気合入っていて、全体的な動きは勿論、アルルゥとムツミの会話時など、口が発音に合わせて動いていたり。エルルゥとの「契約」を解除し、全てに決着をつけるため皆の前で変身するハクオロ。最終回に向けて、もう勢いは止められません!!

・26話
未見



 9月23日

そして1週間弱が経過した…。(モノローグ風に)

長いこと放置してすいません。一応理由はあるんですけど弁明のしたところで結果がかわるわけでもないですし。やっぱ確証もなく「明日書きます」とか書いちゃダメですね…反省。


数日前、当サイトのアイコンを直リンクで使用しているサイトがあるとのメールをいただき、見てみると確かに直リンクされていて、かつ使用条件も満たしてはいませんでしたので、そちらのサイトさんの管理人様に注意のメールを送ろうと思ったら…サイトの何処にもメールアドレスが提示されていませんでした(汗)。そのサイトは掲示板のみで構成(?)されているので、掲示板に注意の書き込みをすることも考えたのですが、その掲示板に流れる空気がなんというか…書き込む気にならない空気と言うか…(汗)。結局注意すること自体断念してしまいました…。メールで教えてくれた方、すいません…。
※今日もう一度確認したところそのサイトの管理人と思われる方の書き込みにメアドが記載されていました(以前はありませんでした)が、もうどうでもいいやって思ってます…。

当サイトのアイコン使用条件は「貴サイトの何処かに当サイトへのリンクを貼る(ただし画像への直リンク不可)」です。こちらに報告する必要はありませんが、一言あると嬉しいです。無断使用は…ネタ画像等扱ってるだけに強くは言えませんが、直リンクだけは当サイトのみならず、借りているサーバー全体の負担にもなるのでお止めください…。


ハヤテのごとく! 8巻
まだギリギリサンデー購入時代に読んだ内容でした。初見だったのは最終話くらいかな。それはさておき表紙のサクヤさん、胸増えてね?(笑)

フルーツバスケット 21巻
由希君カッコイー!(笑) 自分は由希君派なので由希君が活躍すると嬉しいのです(あれを「活躍」と呼べるかどうかはさておいて)。


うたわれるものらじお #11
先週のです。今週のはまだ聴いてませんが、番組紹介のページの文章と写真見る限り波乱の予感(汗)。

で先週のですが、力也さんはもう一週お休みでゲストにトウカ役の三宅華也さんが。女性同士ということもあってか意外ときわどい会話もチラホラ。箱根のみなさ〜ん吹いた(笑)。印象に残った会話は「おっぱい話」「鼻血」。そういや自分はのぼせて鼻血はあるけど、えろいこと考えて鼻血って出たことないです…。実在する現象だったんだ…。


ゼロの使い魔
・第10話
ワルド登場。色々と伏線を張る回(含パンツのゴム)だったらしく、進行はゆっくり丁寧。戦闘シーンもなかなか動いていて良かったと思います。ただ宿屋の影でフーケと一緒にいた人物! あれじゃバレバレじゃねえの!?

・第11話
原作のいいところがカットされまくってました。それ自体は時間的に仕方ないかなーとも思えるんですが(ただし4話とか7話とか、物語の進行上必要のない話を削れば良かったんじゃないかとも思いましたが)それ以上に、戦闘シーンのしょぼすぎる。ゴーレム戦なんか 剣を振り上げる→フラッシュ→ゴーレムの腕切り落としてる って感じで過程が省かれていて動きがまるでなく、全然迫力がありません。ワルドのウェールズ殺害シーン、ワルドVSサイト君戦も同様。あとキュルケ&タバサのレビテーション詠唱の杖のみの絵とか、あれは何なのか。脚本が悪いのか演出が悪いのか、なんにせよこの回は酷かった。

・12話
未見

ARIA2
・第23話
「海との結婚式」を希望する老夫婦のお話。耳を赤くするおじいさんが可愛い(笑)。ARIAの魅力はこういった素敵中高年の出てくるところだと思うわけですよ。ぶっちゃけこの話最終回でもいいんじゃないか?ってくらい良いお話でした(ゲストキャラが主役でしたけど(笑))。

・第24話
藍華の妄想話。未来の自分の通り名を考えたり、自分が注目されている、と思い込んだり。通り名って有名になって何処の誰がつけたのかわからないけどそれが通称になったもの、というイメージがあるのですが、ウンディーネの皆さんは自分で考えてつけるのでしょうか…。アリシアさんや晃さんとかも…? 藍華の「自分が注目されている!」というのは間違いで、実はよくいっしょにいる晃さんへの中傷でした。それに対する晃さんの態度は実に格好良かったわけですが、自分の方見てヒソヒソ話してて、気付いたらコソコソいなくなるなんてあからさまな行動を注目されていると勘違いした藍華って…。そこが可愛いと言えなくもないですが(苦笑)。

・第25話
未見

COYOTE RAGTIME SHOW
・第10話
ギルドの兵士に変装してギガバンクスへ向かうミスター達。この時思ったんですけどなんでギルドの兵士たちはマスクしてるんでしょうね。おかげでミスター達の侵入が楽だったわけで。スターウォーズの一般兵とかもマスクしてたしそーゆーものなのか…? 敵兵を誘導するために一旦別行動をとったミスターがギルドに捕まり脱走したアンジェリカたちを助けたわけですが、そこのところのツッコミ所満載でしたね。それはさておきアンジェリカはミスターの身内だと思っていたらロマンスだったんですか…。別にそれでもいいんですけど仮にミスターを捕まえたらどうする気なんでしょう…?

・第11話
波乗りミスター&スネークミスターには笑った(笑)。12姉妹の攻撃をかわしつつ、ついにギガバンクに到着&攻略したミスター&フランカ。宝物はお金のほかにフランカとの思い出でした、ってのはいい話なんだけど少々ひねりが足りない気も。1人で12姉妹&ギルド兵隊を足止めするカタナに漢を見た。次回最終回!

・第12話
未見

うたわれるもの
・第23話
・第24話
・第25話

今日中に書ききれそうもありません…(汗)。



png:めでたくGAME OVERだ
阿含や…。・゚・(ノД`)・゚・

jpg:少女迷路でつかまえて
下は捕まえた瞬間にこr(略



 9月14日

なんか急に涼しくなりましたね。ここしばらく横浜方面は雨続きでしたし。と言って油断してると突然猛暑になったりするわけですが(笑)。


とらドラ 3巻
2巻からあまり間をおかずに発売。2巻よりは楽しめました。主に実乃梨の言動に笑ったりしたわけですが(苦笑)。なんかヒロインの大河より美乃梨のほうがお気に入りです。面白いし。


うたわれるものらじお #10
シロ小山さん(力也さん)が仕事の都合で欠席、代わりにクロ小山さん(剛志さん)がゲスト出演。剛志さんのトークといったらそりゃあもう(キンキンキンキン子供のこ〜ろの夢〜は〜♪)で(キンキンキンキン子供のこ〜ろの夢〜は〜♪)(キンキンキンキン子供のこ〜ろの夢〜は〜♪)でしたね! 毎回楽しく聞いていますがあんなに笑ったのは第2回放送以来でした(笑)。


アニメ感想は溜まってたビデオ(実は先週分のも幾つかある)を観きれてないので明日か明後日にはなんとか…。



 9月10日
       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′ 反省中…
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
      グ〜 ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
まずは前回(8日)の戯言で「アニメの感想とかは明日書きます」と書いておきながら9日に戯言を書かなかったことを謝罪いたします。皆様、どうもすいませんでした。

そして更に申し訳ないことにリアルの都合で火曜まで更新出来そうにありません。今日も感想書く暇がありません。ホントすみません。m(_ _)m

いやまぁ自分の感想楽しみに待ってる人はいないと思いますが…。



 9月 8日

PCの調子がしばらく良かったので「ひょっとして直った!?」と期待したりもしたのですがまた調子悪くなりました…。_| ̄|○
今回はまだ何度か繰り返すうちに起動出来ましたが、そのうちまた起動出来なるかもしれません…。もうほんとにダメかもしれないな…(遠い目)。

とりあえず今日は報告(?)のみで。アニメの感想とかは明日書きます。起動できれば。



 9月 3日

清原サヨナラホームラン単独1位記録(他数個)獲得おめでと〜!!
でも次の日のVS松坂での4連続三振はイタタですね…(汗)。

えー、モニターに引き続き調子の悪かったPCがご臨終(更新止まってたのこのせいです。サボってたわけじゃありませんですよ?)…かと思いきや、数日経って電源入れてみたら起動しちゃたのでバックアップ作業の合間に戯言書いております。いつまた動かなくなるかわかりませんが、どうしようもなくなるまではこのPC使い続けようと思っています。新しいPC簡単に買えるお金なんかねぇですしね……。

そういや話は全然変りますが、これ出来はどうなんでしょう…?


真月譚 月姫 4巻
秋葉とシエルの戦いは見応え抜群。オリジナル展開満載なのに、原作至上主義の自分が特に不満を覚えない構成が素晴らしい。お話としてもついに○○が登場、盛り上がってまいりました。まぁこの先どうなるのか一番気になるのはさっちんなんですがー(笑)。


うたわれるものらじお #9
出だしのやりとりには笑った。これでゲストが秋元さんだったら完璧だったのに(笑)。あと聞いてて思ったんですが小山さんのスルー能力がレベルアップしていて柚木さんのラヴアタックの効果が薄くなっているような。危うしエルルゥ!(謎


ゼロの使い魔 第9話
ルイズのデレっぷりが売りの惚れ薬の話ですが、個人的にはあまり面白くありませんでした。薬の効果ではなく本心からのデレ(日本語おかしい)なら身悶えしたのでしょうけど。他にも水の精霊が聞き分けよかったり、キュルケ&タバサ組との戦闘が淡白で盛り上がりに欠けましたね。水の精霊にサイト君が大切な人が云々の話をして懸命に説得する場面はある意味見せ場だと思うし、キュルケ&タバサ組との戦闘は、ただ真正面から交互に魔法を撃っていただけで連携の見事さもなにも感じませんでしたし、いいとこなし。第一サイト君が普通に剣を扱えていたのもアニメの設定的に変な気がしますし、そもそも(一応原作ネタバレ反転)デルフで魔法を弾けることをまだ知らないはずなのに普通に弾いていたのもおかしかったですね。話の順番変えるとこーゆーことが起きるんだよなぁ…。今更だけど7話の姫様の依頼も全然中途半端のまま終わってますしね…。


ARIA2 第22話
Aパートはパラレルワールド(男女逆転)のお話。女性陣の男の子声が聞けたのは新鮮でしたが、アル君以外の男性陣の女の子声は…(汗)。ウッディーは見た目そんなに変らないからまだいいのですが、見た目可愛い女の子に変化していた暁さんの声はもう…。まあある意味面白かったですが。声優さんも大変ですねぇ…。

Bパートはまたもや暁の子供の頃のお話。暁兄は普通に痩せてるし、暁母は美人だし! とりあえず暁母の魅力にメロメロ(死語?)だったわけですが、フと、暁&ウッディーの子供声は声優さん変えてるんだからAパートの反転声も変えてくれよと思いました…。

COYOTE RAGTIME SHOW 第9話
なんつーか…セキリュティこんなにずさんでいいのかと思ってしまいました。潜入簡単すぎ、盗聴器設置も簡単すぎ、テロリスト侵入も簡単すぎ。ビショップは言動が怪しいし、スワンプはどう見ても軍人には見えないし、大声で罵り合いながら作戦練ってたり…誰かが通りかかったら聞こえちゃうだろと…トイレでも静かにしろと。声響くっちゅーねん。三つ子も「ごめんなさ〜い」じゃねーっつーの。本当に爆発してったら大変なことになってたわけで。どうにも展開がアバウトで楽しめませんでした。

うたわれるもの 第22話
今まで張ってきた伏線がかなり消化されましたね。でも少々詰め込みすぎててかえって解かり難かったような…。エルルゥの回想シーンでは、○○○○○○○○○が普通に歩いて登場したのは笑ってしまった(笑)。もっと心に直接話しかけるとかそーゆーのだと思ってました。あと地震ですが、一瞬すぎてそれほど凄い地震には見えませんでした。木に登っていたであろうアルルゥが思わず落ちてしまうのには十分だったとは思いますが、村の建物が倒壊するほどだったかどうか微妙なところです。ハウエンクアの「マーマ」に至る展開はもっと激しく残酷のほうがよかったかな。ハウエンクアが恐怖でおかしくなるくらいの迫力はちょっとなかった気がします。…とまぁ今回は内容に対して演出が少々物足りなかったですね。



葉鍵絵板:国崎「それは舞い散るおしべのように」(要コピペ)

http://www.nanoha.jp/leafkey/kouko/bbsnote.cgi?fc=thread&log=17138&res=0-99
大爆笑(笑)。

jpg:みっみっみらくるっみっくるんるん♪
これはまたマニア受けしそうな組み合わせですな(違



戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット