カコノタワゴト
2010年 1月〜 2月


戻る


 2月25日

色々ありました…。月初めから腰を痛めたり、治り切らないうちに上司やら嘱託の人やらが怪我して離脱して仕事量が増えたり残業はおろか出勤時間を1時間以上早くする必要が出てきたり…というか現在進行形なんですけどね。腰痛いなぁ…花粉も飛ぶようになってきたなぁ…(涙)。


しろくまベルスターズ♪(PC)
ななみ、きららクリア、現在りりかルート。

ていうか何故りりかがエロ担当なんだー! キャラ的にエロ担当は硯であるべきだろう!? 大人しくて内向的な娘が心を開いたら…ってギャップがいいのにっ!!(完全に趣味 しかも無駄に回数多いし1回が長いし絵は使いまわしだしそれほど好きなキャラでもないのでかなりの苦行を強いられています。しかしスキップしたら負けかなと思っている。


化物語
14話配信されましたねぇ…と突然話題にしてみる。実は観ていた化物語。原作も読んでます。「傷物語」と「偽物語」も読んでます。アニメは限定版BDも買ってます。BDプレイヤーありませんが!(ダメじゃん



 1月14日

>普通の挨拶だったカメさんに絶望したっ!
考えたのですが去年以上に略すとなるともう「あ」しかないなと。そして最早それは挨拶になってないなと。ついでにその流れだと来年は無に帰すしかないんじゃね?と思い原点回帰してみました。

…別に斬新な挨拶が思い浮かばなかったからじゃないんだからねっ!


しろくまベルスターズ♪(PC)
ちまちまやってます。まだ一人目(ななみ)ですが。

設定さえ受け入れられれば普通に面白いと思います。給料とかどこから出てるの?とか思ってますが。本部から出てるとかそーゆー意味でなく、その本部自体の収入源はどこなんだろう?と。年に一度きりの大仕事、そのうえ人知れずやるうえに配るのはプレゼント。支出しか思い浮かびません。どっかの大金持ち達が資金援助してるとかだろうか…?

スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto(PC)
クリアしたので久々に感想でも…。

・仁乃アフター ★★☆☆☆
ある日仁乃ママの使い魔がやってきて…。ゲームや漫画における「異様に若く見える母親」てのはわりと普通に受け入れられるのですが、使い魔でチビでロリ状態ってのは流石に歳考えろと思ってしまいました。その点以外はいたって普通の後日談で、可もなく不可もない感じ。

・柚子里アフター ★★★☆☆
卒業を間近に控えた柚子里にも色々思うところがあるらしく…。バカップルモード全開であることと最後のオチは良かった。でも話としてはあってもなくてもいい内容でしたね。

・美奈都アフター ★☆☆☆☆
進路の決まっていない美奈都の奮闘記? 譲れないものがあって信念を曲げないという姿勢はわかるのですが、内容が伴っていない。進路希望の会社から提示された課題をよく理解していないようだったのにいつの間にか提出書が完成するし。そして「美奈都ならきっと大丈夫」の連呼。根拠もなく信用できる内容とは思えなかったので少々白々しく感じました。あとラスト、面接に行くのを送り出すのも長かったけどその後の合否判定の結果待ちも引っ張りすぎ。

・すみれアフター ★★★☆☆
スズスポ!でバレンタイン特集をやってみたら幸村が…。実にスズノネセブンらしい展開。笑いありイチャイチャありで楽しませていただきました。けどオチが弱かったため評価としては★3つ。

・莉里ルート ★★★★★
まさに本編・スズノネトライアル莉里ルート。ちゃんと本編で莉里ルートがあったらこんな感じだろうという出来で、幸村を意識していく過程や葛藤がしっかり書かれていたのが好感触。試験合格のための魔法戦も熱い展開だったし幸村の活躍も良かった。あと何気にエロい。ぶっちゃけ莉里にそれほど興味なかったのですが予想外に良い出来でした。大穴。

・要ルート ★★★☆☆
幸薄い要先生を幸せに出来るルートはここかー! ってなわけですが、本人のシナリオなためかそれほどダメっぷりは見られず。この人はダメ可愛いタイプなので他キャラルートのほうが輝くのかもしれません(酷)。内容ですが、要がほんの少しでいいの幸村を意識してるっぽい行動があればよかったのですが告白されるまで普通に接していたのでその後恋愛感情を持つに至る過程が若干唐突に思いました。とはいえ好きなキャラなので評価は甘め。ラストはしっかりしてたし。

・静穂ルート ★★☆☆☆
実は事前に出来が悪いらしいとネットでチラッと見ていたため心配していたのですがプレイし始めたらそんなことはなく実に王道的な展開…と思ったら終盤が酷かった(汗)。まずハッピートレジャーコースラスト。あれクリア無理じゃん? 真が完成したばかりの魔力の伝達機(名称忘れた)持ってきたから良かったものの…というか事情も知らない、時間もない状況で何故真がソレを持ってきていたのかも謎だし、とにかく色々破綻してます。一応クリア後にすみれが桃子に難度高すぎとツッコミ入れてますが、そーゆーレベルじゃないから。

あと何気に酷いと思ったのが幸村のトライアルクリアが文章でちょろっと書かれただけで終わっていたこと。なんぞそれ!? 後の静穂とのイチャイチャを加味して甘めに点を付けても★2つが限界でした…。

・桃子ルート ★☆☆☆☆
卒業後図書館で働くことになった幸村がすみれと一緒にとある魔道書を発動させてしまい、すみれは子供の頃の素直な性格に、静穂は学生の頃の引っ込み思案な性格に、そして桃子は学生時代のお淑やかな性格に。自由奔放・傍若無人だった桃子のそのギャップに幸村は…。

桃子がほぼ別人と言っていいくらいに変わってしまうため「あの」桃子をどうやって落とすのか?と思っていた自分としてはガッカリでした。それと元に戻したら記憶を失うと分かっていたのに手を出した幸村も最悪。しかも事前に学園長から「代官山の女は恋愛に命がけ」と聞いていたのに。実際は結果オーライだったとはいえそれは結果論、もしも元に戻った桃子が事情を知ぬままに純潔を失っていたのを知ったらどうなるかとか考えて欲しかった。そこが評価の最大の分かれ道でしたね。

・総評 ★★★☆☆
スズノネセブンがライター4人でも面白かったので期待していたのですが、流石に倍の8人もいると内容の差が出ましたね。とはいえ楽しめなかったわけでもなく、実にFDらしい内容だったと言えるかも。というわけで★3つ。



 1月 1日

あけましておめでとうございます。
今年もボチボチと宜しくお願いいたします。


ところで実は毎年思ってたんですが、正月って住宅街の路駐増えますよね。車で帰省したものの置く場所がないからとかなんだろうか…。



戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット