カコノタワゴト
2008年 3月〜 4月


戻る


 4月23日

おおお!? 気付けば前回から13日も経っている!?

>R2
日曜日の夕方に家にいない罠。まぁ他のアニメもまったく観てないのですが。


庭(PC)
やっと愛・瑠璃シナリオの配布日時が決定したな〜と思っていたら、ナンかいつの間にか瑠璃シナリオの配布日時が前見たときと変わってるし。6月30日だった音声が7月末日って…。延びたこともアレだけど、なによりコッソリ変更してるのが気にいらない。でも待っちゃうんだろうなぁ…。

こなゆき ふるり(PC)
クリア。とりあえず言えることはタイトルに入ってるものの、カーリングという題材自体はあまり重要ではないです。強いて言えば「きっかけ」ってとこですか。…美人のお姉さま方と知り合うための(えー

・朋美ルート…70/100
唯一、カーリングと深い関わりがあるルート…なんだけど専門用語が飛び交うとかそんなでもなく。まぁ詳しくやられても付いていけるプレイヤーは少ないでしょうからこんなもんかなーって感じ。正直話として面白かったかと問われれば微妙なのですが朋美さんがえろかったのでそれである程度相殺…かな?

・咲ルート…50/100
朋美ルートを進んでるつもりがいつの間にかこっちのルートに入っていてやり直したのは秘密なんだぜ? 咲ルートはちょっと特殊なので賛否両論あると思います。自分はたまにはあってもいいかな、程度には思ってますが、これで味をしめてこのメーカーの作品で毎回同じ展開があると嫌なのでどちらかというと「否」よりですね。

ネタバレ感想
てなわけで特殊ってのは、このルートが咲視点で進み朋美を攻略すると言う要は「百合ルート」であること。咲を「攻略したい」って人はこの時点でアウトですね。需要があるかどうかはさておき、そこまで進めていきなり主役交代ってのはあまり良い気分ではありませんでした。これなら咲がちゃんと攻略できた上で、クリア後におまけシナリオ的に出せば良かったのになぁ…。

・伊織ルート…60/100
会長はなぁ…どうにも声のイメージが合わなくてキャラが好きになれませんでした。声優さんが下手なわけじゃないんですけどね。しかも個人的に麻美がキャラ的に好きなのに会長のルートは麻美ルートの派生のため余計に邪m(略 酷いこと書いてますが個人的な好みを配慮に入れない場合、会長は面白いキャラではあるので好きな人はすごくツボに入るような気がします。いやマジで。

・麻美ルート…80/100
麻美エロ可愛いよ麻美(笑)。ぶっちゃけシナリオはお約束過ぎてイマイチだと思いましたがもう(個人的に)キャラの勝利ですね、これは。おそらく今回もファンディスク(〜日記シリーズ)は作るでしょうから、作るなら是非麻美でお願いします。

ネタバレ感想
まぁそんなにたいしたことでもないのですが、最後のえちシーン、ドレス着てるのに牛舎でってのは流石に…(汗)。

・冴子ルート…70/100
冴子は普通にお気に入りなのですが小雪ルートの派生なのでルートへの持って行きかたが少々強引なのが残念です。これは同じく派生シナリオである咲、伊織ルートにも言えることですが、冴子の場合は主人公が小雪に告白した後で派生するから余計にそう感じるわけで。逆に言えばそれ以外不満があるわけでもないのですが(苦笑)。

・小雪ルート…70/100
このゲームのメインヒロイン。例によってキャラはいいのですがシナリオ展開が急すぎると感じました。作中でも言われてますが、そんな甘い世界じゃないと思うんですよね(以下ネタバレ感想に続く)。

ネタバレ感想
ブランクの長い小雪を勝手に大会にエントリーしたり、いきなりフィギュアに転向してペアを組むと言い出したり、主人公の無鉄砲さに少々呆れてしまいました。小雪のためってのはわかるし、努力してる描写もあるので嫌悪とまでは行きませんでしたが、先にも書いたようにそんな甘い世界じゃないはずですよね。これがせめて数ヶ月ならわかるのですが(それでも甘い可能性がありますが)、数週間とかやはり無謀としか思えなかったわけで…。ラストで小雪たちが入賞してたら多分評価はもっと下がっていたでしょう。それだけは評価できる…かな?

・ハーレムルート…???/100
いつものブレームバンドル作品でした(これだけである意味ネタバレかも)。

総評…75/100
シナリオ的には可もなく不可もなく。ただキャラは好きなので個人的には楽しめました。でも背景とBGMはもうちょっと頑張って欲しいですね。つまりはいつも通りのブレームバンドル作品でした、と(ハーレムルートの感想と同じになってしまった(苦笑))。

暁の護衛(PC)
クリア。でももう感想書く体力が残ってないので次回…書けたらいいなァ…。



ニコニコ
完成度の高さもさることながら、ネタとしても高レベルで何度聴いても笑ってしまいます。まさに至高。
千早があああ(笑)。
微グロ注意。でも再現度高すぎて笑ってしまう自分はもうどこか壊れてるのかもなー(笑)。



 4月10日

バイオ4(GC)
無限ロケットランチャーとシカゴタイプライターをもってしても、結構殺られるんだぜ。まぁ強力な装備故の傲慢と言うか油断みたいな物もあるのですが。とりあえずロケットランチャーの爆風に巻き込まれてアシュリーが死ぬと自業自得なのですがかなり萎えます。PS2版の鎧アシュリーが欲しいなぁ…。

ToHeart2 AnotherDays(PC)
・シルファルート…80/100
存在自体は前作で語られていたものの、ある意味まったくの新ヒロインシルファ。まさかメイドロボなのに人見知りで引きこもりとか斬新過ぎる(笑)。そんな彼女とゆっくり(?)打ち解けていき、シルファもまたちょっとずつ成長していく、そんな話になっています。丁寧な内容なのですが、設定上話に絡んでくるのがはるみやイルファくらいなので、基本的に貴明とシルファの2人の世界になっており他のキャラと比べてシナリオが短い印象があるのが弱点と言えば弱点でしょうか。

ネタバレ感想
ラスト、もうちょっと詳しく書いて欲しかったなーとか。シルファがどのくらい成長していたのか知りたかったです。とりあえず口調は直せるようになったみたいですが(笑)。

・ちゃるルート…80/100
まさかの伏兵キツネ娘ことちゃるルート。正直期待してなかったのですが結構面白かったです。まぁそれにはロクさん(このルートのみのサブキャラ)の存在によるものも大きいのですが…(笑)。展開そのものはいたってありがちだったのでやはりキャラの勝利かもしれません。

ネタバレ感想
というわけでやはりなんと言ってもロクさんでしょう(笑)。うたわれるものを知っていれば(あとラジオも知ってるとなお良し)登場した瞬間驚きと笑いが出るはずです。逆に知らないと単純で人の話を聞かない強引なタイプのキャラなので好きになれない可能性もありますが…。本名はきっと小山六郎だろうと勝手に想像してます(笑)。

わりと高得点つけてますが、先にも書いたとおり展開自体はありがちですし、展開からして周囲も(特に雄二やよっちは)告白がブラフであることを気付いても良さそうなのにまったく勘違いしてるのはちょっと…。あと強姦疑惑イベントは、貴明が着替えを取りに行くのではなくちゃるに普通に着替えに行かせればよかったと思う。ていうか普通そうだろうと…。誤解とはいえそりゃあ殴られるよなぁ…。

シナリオそのものとはあまり関係ないのですが、菜々子ルートでも名前の出る「宮様」、正体がわかるのがこのルートなので先に菜々子ルートをプレイしていた自分は当時誰のことだかわかりませんでした。設定がしっかりしていることの証明でもありますが、不親切にも感じました。


・よっちルート…85/100
こちらも予想よりかなり良かった。よっち可愛いよよっち。まぁちゃるルートと双璧と言えるくらいありがちな展開でしたが、なんというか日常パートの特訓イベントがアホすぎてツボに入ったんで高評価(笑)。

・郁乃シナリオ…65/100
うーーーーーーーーん…。楽しめなかったわけではないのですが、初期設定がねぇ…。あと貴明の性格があんまりすぎて殺意が沸きます。

ネタバレ感想
ぶっちゃけ委員長ルートの後日談・郁乃視点という時点で「郁乃攻略」という概念が終わっていました。郁乃は多分人気があると思うので、これで既にやる気をなくした人もいそうです。実際騒がれてましたし。

さて、しかしながら自分としては、郁乃視点ということで場面場面で郁乃が何を考えているのかがわかるし、貴明(CV有り)も好青年っぷりを発揮していたので結構ニヤニヤしながらプレイできていました。…貴明が間違って夜這いに来るまでは(怒)。いくらなんでもありえねーでしょう…しかも作中でもツッコんでますが、その後委員長のところに行きなおしてるし。しかも2回も間違えるし。それを利用した郁乃のえちシーンがありますが、はっきり言って嬉しくないし、郁乃の扱いもあんまりだと思う。あんなんだったらえちシーンいらなかったです。ついでに委員長シナリオで高評価だった貴明の株も完全に地に落ちました。終わってみると不満だらけで気分もあまりよくありません。とにもかくにも委員長ルートの後日談にしたのが最大の失敗な気がします。それでも、せめてエレベーターで別れたシーンあたりで終わりにしておけば…。


・このタマシナリオ…50/100
一言で言うと二股シナリオ(酷 とりあえずえろいのですが、内容のわりに長すぎる(汗)。


・総評…70/100
なんだかんだで楽しかったので採点甘め。ただしダメな部分は徹底してダメだし、期待はずれだった部分もあるのであんまり他人にオススメはできません。あとタマ姉取り巻き3人組のシナリオが欲しかったですね。基本的に貴明はモテモテ(死語?)なので、あれだけ嫌われてる状態からスタートできるヒロイン候補は貴重だと思うのですが…。それに甘露氏原画担当のヒロインもタマ姉と郁乃のみだったので、入っていればバランスが取れてたでしょうに…。その辺も残念でしたね。


ちなみに各シナリオ担当は…

はるみ・まーりゃん・菜々子・春夏シナリオ:三宅章介氏
シルファ・よっち・郁乃シナリオ     :枕流氏
ちゃる・このタマシナリオ        :菅宗光氏

…じゃないかと思うのですが、三宅氏多くてバランス悪いし違うかも…。とりあえず合ってると仮定した場合、やはり前作と同じく枕氏の担当してるシナリオが嗜好に合っているようです。まぁ分かりやすい原因として貴明があんまりヘタレじゃないからってのがあるんですけどね。でも郁乃シナリオの貴明はいっぺん死んでみたほうがいいかも。



 4月 2日

昨日エイプリルフールでしたがな〜んもネタがありませんでした。というか昨日と言えば、keyの新作ってネタじゃなかったんですかね? シナリオ担当がカオスすぎて未だに信じられないのですが…(汗)。


ToHeart2 AnotherDays(PC)
コンプリート。感想の順はそのままクリア順です。

・まーりゃんルート…50/100
傍若無人なまーりゃん先輩の行動に、ひたすら振り回されるだけのお話。あとパンツ。

ネタバレ感想
内容に関しては正直ガッカリだったのですが、ささらや他のキャラの出番、しかもほんのちょっと喋るためだけに出てきたりしたのにはビックリしました。あとはるみ裸立ち絵。

・菜々子ルート…70/100
このルートの主人公はそこそこ行動力があったのですが、それが発揮される相手がお年頃ということもあり単に行ってはならない方向に突き進んでるだけに見えていた罠。ただし最後の決断がちゃんと出来たので及第点って感じで。

ネタバレ感想
っつーわけでえちなしでした。全然文句ありません。むしろGJ。内容に関しても、相手がお年頃だからこそ出来たシナリオであろうことから、悪くなかったと思います。まぁ自分には合いませんでしたが(苦笑)。

・春夏ルート…60/100
ああ勘違い。進めてて痛々しかったです…。

ネタバレ感想
確かに春夏さんの行動は少々行き過ぎていた感はあるけど、それでもそれが恋愛感情かどうかの区別はつくと思う。それすら判断できないくらい舞い上がっていたということなんでしょうけど、それでもラストの雄二への説明はどうかと思う。あれじゃ誤解して当たり前。そしてオチの春夏さんの行動も、少々常識から逸脱しすぎのような…。ホンの一歩手前で終わってればいい締めだったのに。えちがないのは残念な気はしますが、入っていたらかなり展開が無茶になっていたと思われるので妥当な判断だったんじゃないでしょうか。

・はるみルート…65/100
念願のク○吉シナリオだったのですが、なんだろう? 期待していたのと違うような…。主人公の優柔不断っぷりが如何なく発揮されました。一方的な好意をぶつけられて戸惑うのは仕方ないと思うのでそれはまぁいいのですが、中盤少々やってはいけない行動を取ってしまう主人公にイラつきを覚えたので大幅なマイナス評価。後半の追い上げもとどかずこんな点数に。

ネタバレ感想
日記の代筆はホントどうしようもない。どう考えてもいい結果にならない。それだったら突っ返したほうがまだマシ。予想通りの最悪の展開に頭が痛くなりました。その反動なのか、後半の貴明は大分ポジティブ。最初からこれだったらなぁと思わずにいられません。ラスト、心がテーマなのなら記憶が戻るなんていう奇跡が起こっても良かったと思いましたね。そーゆーご都合展開ならむしろ望むところなので(笑)。


以降はまた後日。

暁の護衛(PC)
>評判良さげなら買うカモ。かも?
こなゆき〜のほうを先にやる予定ですが、とりあえず1人(彩ルート)だけクリアしてみました。

感想としては、まずシナリオがぶつ切りすぎ。最初に小イベントをいくつも作っておいて、それを並べて話が構成されている感じ。話が一本線ではなく点で書かれているとでも言えばいいでしょうか? そのせいか、伏線っぽいものがその場面以外で活用されずに終わったり、そもそも活用されなかったり辻褄が合わなかったり。最後までぶつ切り状態で、正直ガッカリしました。今思えばこん僕の綾菜シナリオも同じ感じだったなぁ…。テキスト自体はかなり面白かったので綾菜シナリオほど悪くはなかったけど(酷 でも、なんというか未完臭もかなりするんですよね。上記で書いているように活用されてない複線があったりするので(鏡花との件とか放置過ぎる)。もしそうだとしたら評価に値しないと言うことにもなりかねません。


…ということで残念ながら買うことはお勧めしません。

共通ルートはちゃんと線で構成されているので、彩ルートだけで結論を出すのは早計かもしれませんが。こん僕も綾菜シナリオ以外は普通でしたし。ていうかそうであって欲しい…。


とりあえずこんなとこですかね。感想はコンプリートしたら改めて彩も含め書こうと思います。



 3月29日

PC直りました。

自分でもさっき気付いたのですが、旧PCで更新した際15日の戯言をコピーし忘れてましたよ? というわけで15日分の戯言も復活(どーでもいいね


GARDEN(PC)
・絵里香ルート…75/100
バカップルよ永遠(とわ)に…。展開、オチ共に読めてしまったのは正ヒロイン・王道故の性か。まぁそれでも普通に面白かったとは思うのですが、やはり書いてる人が少なくとも2人はいたっぽく、文体が違う部分が気になったり。それさえなければもう5〜10点だったのですが…。

ネタバレ感想(反転)
文体の違いが気になったのは海のシーンとED。他にもあれ?と思う場所もありましたが、特に気になったのはその2場面。主人公のセリフの語尾にやたらと「っ」が付きます(例「ああ、そうだな」→「ああっ、そうだなっ」)。これだと微妙に活発なイメージが付いてしまって、性格違うようにみえるよっ。それとEDと言えば、あの場面に彩ちゃんがいないのはありえないと思うのだがいかがか? あとは…えちシーン。一回目、長い。長すぎる。何度か中断したので正確なところはわかりませんが、読みきるのに1〜2時間かかった気がします。それでもそれはまだ許せるのですが、回想4つのうち2つがお風呂で埋まるのはどうかと思ふ。回数多ければいいというものではないので実質2個というのには別に不満は無いのだけれど、だからといってそーゆーので埋められると(この作品に限らず)微妙に納得がいかなかったり。

・総評…60点
瑠璃・竜胆先生のルートは最初からなかった「完成品」として評価しても残念ながらこの点数。本当に残念。一番の理由はやはり文体の統合性の無さ、これにつきます。1キャラを複数人で書くが実際のところ悪いことなのかはよくわかりません。ゲーム作成において案外よく行われていることなのかもしれませんし。でも、だったら、キャラの設定や性格くらいはちゃんと把握した状態で書いてくれよと…! そうでないなら、せめてライターが複数いることを最初から公表するか、全部未公表にするかすれば良かったのに……!!  これに関しては最初はちゃんとトノイケ氏が全部書く予定だったけど書ききれないから途中からヘルプが入った、そして途中から故に半端な状態で書くことになったんじゃないかなーと予想しますが、どちらにせよ言い訳にはなりませんね。

ちなみに「未完成品」としての評価は30点です。ただし瑠璃・竜胆先生のシナリオが追加され、その出来次第では評価が上がる可能性はあります。

他細かい評価
・CG…80/100
まず枚数が少ない。あざみ・小夜ルートが特に。仮にもルートがあるヒロインのCGがえちシーン除くとあざみ3枚・小夜2枚とか…。あざみなんかED絵すらないんだぜっ(涙)。とはいえシナリオ未完による指定の遅延や、描いたのに削られた絵もあると思うので仕方ない部分もあるとは思いますが…。純粋に絵としてみれば流石☆氏。絵里香の屋上のシーンとか大好きです。えち絵はエロくないですが。

・BGM…80/100
実は一番頑張ってるのは音楽なんじゃないかと思わなくもなかったり。

…こんなとこですかね。なにはともあれせっかくの☆氏原画の新作でしたが、ガッカリな結果になってしまいました。つか発売から2ヶ月経過しましたが追加シナリオまだなんかなぁ…。

こなゆき ふるり 〜柚子原町カーリング部〜(PC)
ぺこ氏原画の新作。カーリングという題材はどうなんだろうと思ったけどそれはやってみないとわかりませんね。そんなことより主人公の母親の格好について(作中で)何の説明もないのはどうなのよ? 若いとか美人とかそれ以前に違和感ありすぎて出てきたとき吹いたわ!(苦笑)

暁の護衛(PC)
a氏の日記見てシナリオがこん僕の人で原画がだぶ先の人かぁ〜…なんて思っていたらいつの間にか手元にあった罠。…ごめん、ちょっと嘘ついた。ホントは体験版やったら主人公が天城小次郎タイプだったので期待して買った。後悔はまだしていない。a氏の日記がきっかけだったのは本当ですが(笑)。



 3月20日

GARDEN(PC)
とりあえずクリアした分の感想でも。絵里香はPCが復旧したらクリアするつもりですが…果たしてHDDは無事だろうか…。

・あざみルート…40/100
話の起伏があまりなく、良くも悪くも平凡。ルートに入ると明らかに文章を別人が書いてることがわかる物だったり、そもそもキャラがあまり好みでなかったのも相まってプレイはかなり苦痛でした。よって評価は低め。

ネタバレ感想(反転)
ルートに入るとまず主人公がルームメイト2人を名前で呼ぶようになるのですが、それはまだ親しくなったんだろうと解釈も出来ます。けど坂上が絵里香を「絵里香さん」と呼ぶようになり、微妙に気があるそぶりを見せるのは完全にアウトでしょう(汗)。絵里香のほうも坂上を嫌ってるはずなのに海に誘ったりと違和感バリバリ。設定くらいしっかりしてほしいです。あと以前も書きましたが女の子キャラの髪型をちょこちょこ変えすぎ。CG枚数が少ないことへのフォローなのかもしれませんが他のルートではそーゆーことがないだけにはやり違和感ありまくり。最後にこれは個人的な不満なのですが、あざみがあれほど家族想いなのだという設定なら、もう少し妹たちの登場回数を主人公を絡めつつ増やすべきだと思いました。まぁあの半端な終わり方からして当初はもっとボリュームがある予定だったのかもしれませんが。

・小夜ルート…35/100
ルートに入らない限り本編で登場することがない人。…削るならこの人のルートだと思うのですが、先に書いちゃったのか、喋れないという設定上声優さんの都合がつきやすかったのかとか、そんな理由を邪推してしまいますね。ちなみに文章を複数人(3人くらい?)で書いてるっぽく、場面によって違和感があったり無かったりします。やはりイマイチ話に起伏がなく、ラストも個人的に不満なのであざみよりも評価低め。

ネタバレ感想
伏線が色々張ってあり、面白くなりそうな素材だったのに、結局良く分からないまま終わってしまう小夜ルート。あのまま行くと退学も有り得るとか言っていたのに投げやりすぎでは…? 春日姉妹との関係も気になっていたんですけどねぇ…。撫子もいい味出してたのに…。声優さんもえちシーンだけ、しかも「あ」とか「ん」とか喋るだけでいる意味あるの?といった感じ。後々ちゃんと喋れるようになるという設定があったのかもしれませんが、それは想像でしかなく結局喋ることなく終わったわけですし。そして何気に酷いのが島津の出番が後半尻すぼみ的に減っていくこと。他のメンバーが揃っているのに島津だけいなかったり、登場はしてもセリフではなく文章で「〜と言った」的な説明で終わらされたりと明らかに意図的に削られてるっぽいので、おそらく声優さんの収録までにシナリオが完成してなかったのでしょう。ただでさえ瑠璃、愛ルートが削られているのに、小夜ルートまで未完成感漂ってるってのはどうなのよ? あざみルートも微妙に未完成っぽさありますが小夜はそれ以上。最初に書いたように面白くなりそうな話だっただけに失望も大きく、よってあざみルートよりもさらに点数下げましたとさ。

・桜子ルート…80/100
ちゃんと話に起伏があり、物語が完結してるよ…! やはり撫子という分かりやすい問題点があったのが良かったのでしょうか。思わず高得点にしてしまったのは前2つの評価が低すぎた反発もあるでしょうけど、シナリオもちゃんと1人の人が(もしくは基本を徹底した複数人かもしれませんが)書いていたのか、あからさまに文章に違和感を覚える部分がなかったのも大きいです。キャラ的にもロリでないので無問題。うむ、正当な評価かな?(笑)

ネタバレ感想
特に大きな不満はないのですが、小夜ルートで主人公が疑問に思った「以前所属していた部活」が気になりますね。てっきりこのルートでわかると思っていたのですが。というか小夜ルート以外だとそもそもなんの説明もなくいつの間にか天文部にいるんですよね。あと主人公が図書委員を断わってもルートに入ると普通に図書委員の仕事をしていたりと微妙に設定の不備というか選択肢の意味の無さが露呈してるというか(ぶっちゃけ小夜以外は歓迎会での選択肢以外意味無いっぽいですし)。でも主人公の過去との決別や桜子の変化など、全体的に見て完成度は悪くないと思います。このゲームやって初めてストレス無くクリアできたってのは、やはり自分の中で高ポイントでした。…こんな感想が出る時点で少々悲しかったりもするのですが…ね(苦笑)。

・撫子ルート…75/100
桜子ルートからの分岐なので少々強引な展開なのですが、話のノリ自体は一番好きかも。撫子可愛いよ撫子(笑)。

ネタバレ感想
なんというツンデレ…! よくいる分かりやすいツンデレと違い、ルート入るまでそんな素振り(姉にあてつけてる時以外)を見せないのが良かった。これがよけいにギャップを引き立たせるわけですね。展開については上で書いてるように少々強引ではありますが撫子ルートにはそれを許せる面白さがありました。姉妹丼万歳! ギャップと言えば桜子もある意味すごかった(笑)。



 3月19日

突然の停電(雷?)により新PCが起動不能になってしまいました。電源がおかしくなったっぽいです。電源ランプが付きっぱなしでコード抜かないと消せず(強制終了も受け付けず)、挿し直してもランプが点灯するだけで状況かわらず。起動できないのでHDDがどうなったのかも不明…。生きててくれるといいなぁ…。サポートセンターにも電話しましたが、なんにせよ修理に出す必要がありそうです…。

ちなみに今この戯言は旧PCで書いてます。「あの」いつ落ちるともしれない旧PCで、ビクビクしながら。でもこっちは電源落ちそのものにはすこぶる強いのは何かの因縁でしょうか?(涙)



【状況】
・最近来たメールの返信が出来ません
何せ確認が出来ないので…。「メール送ったのに返事がこねぇぞ!」と言う方は、送信履歴が残っていましたらもう一度送りなおしていただけるとありがたいです。

・最近プレイしたPCゲームが(略
インストールしなおすにしてもセーブデータが…。庭も未クリアだったり。どーしよーかなー。

・OG外伝
15話で止まってます。ちょっとストレス解消にバイオ4やってたら再度ハマったもので(笑)。ロケットランチャーとシカゴタイプライター装備でもわりと苦戦するプロフェッショナルモード。…今思うとよく普通の装備でクリアしたな自分(ていうかスパロボの話じゃなくなってる

・近況
労働時間が多すぎでまとまった時間がなかなか取れません。それでもゲームはやるんだぜ? だぜ?



 3月15日

またもや前回から1週間以上間が空いてしまいました。や、こう、ちょっとでも空いた時間があるととりあえずゲームやってしまうので他の事に手が(死んどけー

…ちなみに最近はバイオ4引っ張り出してきてシカゴタイプライターや無限ロケットランチャーで敵を大量虐殺してストレス発散するのが無性に楽しい。わりとやりこんでいたものの、微妙に忘れていたので楽しかったです。ちなみにプロフェッショナルモードなのですが、今更ながらよく死亡0でクリアしたな自分…(←上記装備入手条件)。



 3月 6日

数日前から花粉対策用鼻炎の薬飲み始めました。まだそれほど酷くはありませんが、これから数ヶ月間のこと考えると憂鬱です…。

>アイマスレディオ
あ、ありのまま(略)聴きました。疑問が解消されてスッキリ(笑)。


ToHeart2 AnotherDays(PC)
OPムービーが本編TH2のパロディなのね。郁乃の文字通りの暴走っぷりに笑った(笑)。…というわけでネット巡回によるネタバレが怖いので(てか実際いくつか目にしてしまった…)GARDEN終わってないのに開始しました。まぁ庭のほうはあとちょっとですし、どうせ追加パッチ出ない限りコンプリート不可なので急いではいないのですが。

とりあえずまーりゃん先輩ルートを進んでますが、あまりの傍若無人っぷりに若干引き気味の自分。いやまぁ面白いとは思うのですが、これをどう恋愛関係に持っていくのかと思うと…ね。

OG外伝(PS2)
3周目・SPECIAL モード・第14話。エース量産のため全滅プレイ中。1周目は資金が無かったし、2周目は敵が強い上改造に制限があったので、改造しまくり+ボーナスのある3周目は敵がゴミのようだ(笑)。

ちなみに3周目の初期引継ぎPPは629ポイントでした。もっと(800くらい)行くかと思っていましたがそうそう甘くはありませんね。それでもある程度は思い通りの養成ができますけど…。……クライウルヴズがいなければもうちょっと増えたのになー(ファンの人ごめん



戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット