カコノタワゴト
2006年 1月〜 2月


戻る


 2月27日


うおおおおーー!
風・雲・k(ガブゥ)


マブラヴはむしろ オルタ→サプリ の順にやるといい感じになると思ふ。


○私信
>ただ人より少し
>・くしゃみが出て
>・目が痒くて
>・鼻水が出る
>だけです。

人、それを「花粉症」と呼ぶ…!!
季節とか関係なくそうなるんだったらまた別でしょうけどね(笑)。


○つくあそ
現在8年目。投手陣が軒並み能力低下し始めたので若手投手が欲しいところですが、6・7年目のドラフトでいい新人が獲れず地味にピンチ。


Fate 第8話
慎ちゃんの情報を信用するかしないかはさておいても、「柳洞寺には魔女がいる」って情報からあのクラスに誰も思い至らないのは何故なんでしょうね。該当するクラスはひとつしかないでしょうに。そしてついに登場したアサシン。どちらも作中ではまだ正体がわかってないのにEDのキャストに思いっきり名前が出ていて笑った(笑)。金ピカは伏せていたのにねぇ…。

それにしてもアサシンのキャスト、三木さんも確かに悪くないんだけどあの枝分かれ眉のエレガントさに合った声って言ったらやはり置鮎さんだよなぁ…。



jpg:〜じゃねえの!?シリーズ
その1 その2 その3 その4(注 げんしけんバレ)
その5 その6 その7(下ネタ注意)その8 その9
笑い転げたじゃねえの!?(笑)



 2月25日

花粉がね、もう飛んでやがるんですよ。…ヘックス!


○つくあそ
世界選手権で金メダル取ったどーー!! 1年目では初戦敗退でしたが今回はわりとあっさり勝てました。流石に1年目とは違うぜ! …でも今回はクリア後に貰える成績表に怪我人の数も記録されるのですね。練習を「ほどほど」にしていても怪我するときは怪我するんで気にしても仕方ないのですが、なんか悔しいので無い資金はたいて医務室作りました。

で現在6年目。そこそこ育ったけどまだレギュラーには及ばない新人の皆さんがこぞって不平を言い始めましたよ? 試合に出した方が成長するのは確かですし、そろそろ世代交代考えねばなぁ…。

この青空に約束を― SPECIAL体験版 @
3週連続公開体験版その1。前回の体験版まるごと+ゲーム序盤のイベントが少々遊べます。感想としては問題なく面白かったです。やっぱり友人(男)の顔がテキトーに見えますが(苦笑)。あとサブキャラの茜が面白いですね。


半分の月がのぼる空 第6話(最終回)
ハッピーエンド…だよな、うん、ハッピーエンド。良かった良かった。

第1話から作画は良くないし話は端折ってる感バリバリでしたが、終わってみるとそこそこ楽しめた自分がいました。折角だし原作読んでみようかな…?

Rec 第4話
ここで原作第2話に繋がるのね。しかし原作に比べて松丸君が冷静だ。赤の下着姿見ても微塵も動じないとは(笑)。そしてぬいぐるみかぶっての運動量もすごい。あの身のこなし、只者ではない(笑)。で気になったのは赤のマネージャーである吉岡さん。今回原作では逆本さん(アニメ未登場)の位置にあった役だったので少し冷たい印象が。この人がアニメではどういった立ち回りをするのかで話の展開がかなり変わってくると思うので注目したいですね。



png:FF風魔法戦隊マジレンジャー
マジレンジャーは観たことありませんが、いい感じですね。

jpg:ここはあえて強気でいかせていただきます(※注 げんしけんバレ)
その1 その2
一体何が起こっているんだーー!!?(笑)



 2月23日

○つくあそ
現在4年目。1年目で日本一はなんとか獲れました(トレードがめちゃめちゃ上手くいった)が、さすがに世界選手権は勝てませんでした。世界選手権は3年に一度なので今年はリベンジです。

●1年目獲得選手
(つくろう選手)
一塁  守   一塁手
(トレード)
中村  紀洋  三塁手
大村  直之  外野手
金子  誠   二塁手
松井  稼頭央 遊撃手
西口  文也  投手
(ドラフト)
相本 創作   一塁手
(FA)
城島  健司  捕手


・チームは例によって巨人。まずつくろう選手(キーワード「即戦力」)を作り、一塁手がいないので一塁手に。名前安直とか言わないで(笑)。トレードは元木、二志、二岡、上原らにテキトーな架空選手をくっつけて成立。序盤は厳しかったもののトレードが成立するたびに勝率アップ、なんとか日本一に。

●2年目獲得選手
(つくろう選手)
球尾  投   投手
(トレード)
上原  浩治  投手
松坂  大輔  投手
松井  秀喜  外野手
小久保 裕紀  三塁手
(ドラフト)
長島  茂雄  三塁手
(FA)
野口  茂樹  投手
谷   佳知  外野手


・高橋由伸+αを放出して上原と松坂を獲得、そのまま松坂+αで初期に資金不足でカープに移籍した松井秀とFAで同じくカープに居た小久保をまとめて獲得。三塁手は中村紀がいるので小久保は一塁に。オフにFAで城島を獲っていたこともあって、この時点で打撃陣に隙がなくなりほぼ負けないチームになりました。

●3年目獲得選手
(トレード)
小関  竜也  外野手
福原  忍   投手
井川  慶   投手
(ドラフト)
千葉  茂   二塁手
吉川  翔太  捕手
(FA)
井口  資仁  二塁手


・清水と小関をトレード。清水も強いのですが年齢を考慮して若い方を選びました。あとFAで獲った谷を放出して阪神の福原と井川ゲット。投手層も中々の厚みに。

●4年目獲得選手
(つくろう選手)
外野  守   外野手
(トレード)
予定なし
(ドラフト)
  ?
(FA)
  ?


・小久保は能力が衰え始めたので代打専門にし、一塁には井口を。いらない子になった一塁守を解雇(酷)して若手層のいない外野手として新しいつくろう選手を製作。ぶっちゃけ見た目は一塁守そのまんまで名前が違うだけ(笑)。

それにしてもつくあそはやきゅつくDC版初代に比べて怪我の発生率が高い気がします。4年目にしてもう2人も怪我人出てる…(汗)。あとお金が中々貯まらないので練習器具が買えず、新人がイマイチ育たない…はやくサイドビジネス充実させねば…。



gif&jpg:いじめ、かっこわるい元画像
その1  その2  その3  その4  その5  その6  その7
その8  その9  その10 その11 その12 その13 その14
その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21
その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28
その29 その30 その31 その32 その33 その34 その35
その36 その37 その38 その39 その40 その41 その42
その43 その44
なにぶん数が多いんで、gif形式とjpg形式がごちゃ混ぜです。個人的に26と43がツボでした(笑)。



 2月20日

葉鍵お絵かき板見てたらPS2版CLANNADの話題がちらほらと…。そーいやすっかり忘れてたけど近日発売なのですね。以前、移植されたら買うーみたいなこと書いてた気がしますが、正直もうどうでも(略


○プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!
…聞くところによると初代以降の清原は成長タイプが「晩成」に変更されているらしい。ならば買うしかあるまいて!!

というわけでDC版最後のやきゅつくである本作を買った次第。で、現在1年目。とりあえず初代と同じく近鉄から中村紀・大村、日本ハムから金子をトレードで獲ってみましたが、成長タイプが早熟とかに変更されたらどうしようとかビクビクしながらやってます。まぁしばらくは試行錯誤しながら何度もやり直してコツを掴むところから始めようと思います。


陰からマモル! 第7話
今回は原作にもあるマモルとゆうなの過去話で、シバ丸が先代・ブル丸に変更されていたりとあまり意味のない変更点があったりしましたが作画もマモルとは思えないほど良く(笑)文句のない出来でしたね。ただ話の内容とは関係ないのですが、ホタルの山芽に対する口調・声色がどうにも悪く、むしろそっちが素で、普段は猫かぶってるんじゃないかと思わされました。そうじゃないってのはわかってるのにそう感じしまったわけで、そこんとこどうにかならないかな、と思いました。それにしてもアニメ版は椿、山芽、ホタルの自己アピールが激しい。原作だとマモルが彼女らに協力を求める展開以外ではほとんど登場しないのに(苦笑)。

Fate 第7話
せっかくアニメなのに、戦闘のない話のほうが面白いというのはいかがなものか?(笑) 作画も好みの絵でしたし、今回はハラペコセイバーの片鱗(?)や、凛の頼もしさや可愛いところ等が見れたので概ね満足です。男子トイレ潜入するシーンなんか最高(笑)。
さて、ついに慎ちゃんが本領発揮し出しましたよ。果たして次回、彼の活躍はあるのでしょうか!? 期待せずに待て!



jpg:CERO 全年齢対象作品
うん、確かに全年齢ですね(笑)。

jpg:クロスレビュー・ぱにぽに’編
くるみや…。・゚・(ノД`)・゚・



 2月18日

a氏のツンデレ反応にマーヴェラスにトキメいた!(笑)


○やきゅつく(DC版初代)
現在5年目。3年目にろくな新人が出なかったので、とりあえず一塁手の赤池勝己(Aランク・普通)を獲ったのですが4年目に同じく一塁手の戸田涼太郎(Bランク・超晩成)が出てきたので赤池はいらない子に(苦笑)。ちなみにランクでは赤池の方が上なのですが、成長タイプが超晩成という時点で戸田の方が将来性で上。ていうかBランクの超晩成選手はぶっちゃけ強いので他のチームに渡すわけにもいかないのです。まぁなんにせよこれで20年近く一塁は安泰。…でも贅沢を言えば一塁手より三塁手か外野手が欲しかったかなーとか思う今日この頃。5年目の新人に期待。

ToHeart2 XRATED
るーこクリア。PS2でプレイしたときは他のヒロイン達も絡んだりしていいシナリオだと思ったのですが、改めてやるとワケのわからんシナリオですな。一応ラストはルーシーはるーこ本人だけど”るー”の罰により記憶を改ざんされてうー(地球)に戻されたと解釈していますが、確信に足る証拠もないわけで…。

それはさておき濡れ場での主人公のエロオヤジ化っぷりには噴いた(笑)。なんでえちシーンで笑わにゃいかんのだ!(苦笑)


半分の月がのぼる空 第5話
突然の誘惑展開には少々置いてきぼりをくらいましたが、その善悪はさておいて、裕一と嫌医者と亜希子さんの友人(名前覚えてない…)の苦悩が凝縮された秀逸なエピソードだったと思います。その分里香の健気さも強調されて、里香の渡した本の内容にはグっと来てしまいましたしね。次回最終回、ハッピーエンドじゃなかったらビデオテープ叩き割る!!

Rec 第3話
アフレコ現場ってあんな感じなのか〜、てなわけでオリジナルエピソードな第3話。すぐに馴染んでいた原作に比べてアニメではお互いに遠慮があるというか微妙によそよそしいというか。でも普通に考えたら突然の共同生活に戸惑わない方が変なワケで、1話使ってちょっとずつ馴れていく過程を丁寧に描写したのには好感が持てました。起きるの辛いけど次回も観るぜ(笑)。



jpg:ば〜〜〜〜っかじゃねえの!?
その1 その2
妙にウケた(笑)。

jpg:鉄ぺきの守り
ブロッケ〜〜〜ン!!(笑)

jpg:どう見ても精子です。本当にありがとうございました。
コラではなくこれに本当に載ってるらしいです。偶然にしては出来すぎだと思うので、意図的にやったんじゃないかなぁ…。



 2月16日

DCが突然GDを読み込まなくなったので速攻で近くの中古屋(だってもう新品売ってないし)へ行ってDC買ってきました。え? PS2はいつ買い直すのかって? 中古だとすぐ壊れそうだし新品は高いしなぁ…。超力兵団まではいらんかな…。


○やきゅつく(DC版初代)
やきゅつくやるためならDC買いに中古屋へ走るぜ! …てなわけで現在3年目。トレード転がしが上手く行っていて先発投手陣がいい感じです。中継ぎ陣は相変わらず酷いですが(苦笑)。2年目に捕手の森祇晶(Sランク・普通)を獲ったので2・3年後にはピッチャーを大いに盛り立ててくれるでしょう。



jpg:ヘルハウンド
その1 その2
くっ…まるで勝てる気がしねぇ…!!

jpg:今の俺の霊力(チカラ)は
すごいはずなのに全然すごく感じないのは何故かしら…?・゚・(ノД`)・゚・



 2月14日

昨日はいつの間にか寝てしまったので今日は早めに書いてみる。


○やきゅつく(DC版初代)
思うところがあって最初からやり直していたり。今回は1年目にして日本一を達成出来たのですが、ドラフトで獲った選手が鈴木啓示(Sランク・超晩成)なんですよねぇ。即戦力で、しかも長期に渡って活躍できるとても頼りになるOB選手なのですが、惜しむらくはまだ序盤なので練習設備が整っておらず、どうしても成長スピードが遅くなってしまう点。本来なら全能力をMAXまで育てることが出来る逸材なのに、微妙に宝の持ち腐れ状態というか…。まぁそれでもかなり強いんですけどね。


陰からマモル! 第6話
ホタル登場したんだけど設定がかなり変わってますね。個人的には原作の設定の方が好きですが、そのままの設定だと 抜け忍→追い忍→大運動会 の流れになってしまうので、話数の消費を防ぐために変更されたんだろうなぁ。まぁ作画はイマイチでしたが、アクションシーンはそれなりに頑張っていたし、局地的に作画が良いシーンもあった(雨に濡れた忍者服とかキスシーンとか)ので、トータルではプラス評価かな。ただ山芽はホタルと面識があるはずなのに盗聴していて「雲隠」の名前が出たときに特に反応がなかったのが不自然でしたね。

Fate 第6話
ライダー本登場。今回は作画も展開もわりと良かったと思います。ライダーが本気じゃなかったのは見てればだいたいわかりましたが、ライダーは前回から士郎と凛を観察していたわけで、本来2人が争っているときにいくらでも不意打ちが出来たはず。なのにそれをせず、むしろ士郎のピンチにタイミングよく女生徒を襲って2人の気を逸らしたり、士郎との戦闘では瞬殺できるのにわざとゆっくりと痛めつけるような戦い方をしたり、凛が援軍に駆けつけた程度で撤退したりと、穿った見かたをすると士郎を助けたようにも取れますね。ライダーのマスター(笑)は「とんだ邪魔が入った」とか言っているので本当は士郎を殺しておきたかったのかもしれません。そう考えると手を抜いていたのはライダーの独断か、あるいは…?



jpg:今…銀の体から
元ネタ その1 その2
いかん。元ネタが1番笑える(苦笑)。

jpg:貯蔵は十分か?
さすが英雄王、隙がない!(えー



 2月11日

たまたまTVつけたらBLOOD+が入ってたのですが、一体これはどこのバイオハザードですか?(笑)


○やきゅつく(DC版初代)
11年目。不満はほぼ解消しましたが今度は選手数が多すぎて新人獲るのが大変になってきました。全部で32人しか在籍できないのに現在投手19人・野手12人の計31人。同じ年に有望な新人と強力な外国人選手が出てきたらどうしよう…。下手にトレードや解雇するとまた不満が溜まるしなぁ…。つーか投手多すぎですな(苦笑)。


半分の月がのぼる空 第4話
ゼブラーマスク強えぇ!(笑) 裕一はホントにいい友達を(略 ていうかみゆき(裕一の幼馴染)って突然出てきたように思えたのですが前から居ましたっけ? 出てたとしたら第1話だろうけど…。今回は看護婦の亜希子さん含めサブキャラがいい味出していて楽しかったのですが、それだけにラストの里香が倒れるシーンが衝撃的に。次回、ついに手術。嫌医者…謝ればいいというものでもないけど、謝らないよりははるかにマシなわけで、ちょっと見直しました。手術頑張れ。

Rec 第2話
原作では最初から「ねこキ」の声優は赤に決まっていたのですが、アニメでは声優オーディションを経て決定していました。順序としてはそちらのほうが正しいんじゃないかな。企画者の松丸くんに決定権がなかった点では同じでしたが(笑)。でもオーディションの結果ってその当日に合格者に伝わるものなのかな…? あと吉岡さんが最初から赤のマネージャーをやっているので、赤が無名の新人というよりただいま売り出し中の新人声優って感じがしました。アニメではバイト、してるんだろうか?

ちなみに時間通りに録画したら先にびんちょうタンなるアニメも録画されてたのですが、ちょっと観たところ作画がスゲー綺麗でした。



png:ジュン君求婚
ジュン君必死だなぁ(笑)。

jpg:ジョジョちゃん
妙にツボに入って笑い転げてしまいました(笑)。



 2月 9日

アニメRec第1話をここで無料配信してたので観てみた。作画は悪くないし声もイメージと違うってことはなかった。ただ原作もそうだったけど、アニメは原作以上に松丸君の火事を見に行く動機が薄かったと思う。その後の超展開は言わずもがな(苦笑)。


○やきゅつく(DC版初代)
現在9年目。トレードの選手転がしで不満者が続出してますが、戦力を整えないわけにもいかないのが辛いところ。それはさておきこのゲーム、能力が高すぎるとかえって活躍しにくくなるというワナ(というかバグ?)があるんですよねぇ。何が言いたいのかというと、投手部門ではぶっちぎりでトップなのですが、首位打者とか本塁打王とか盗塁王とか打点王以外の打者部門のタイトルが獲れなくなっちゃってるわけで。能力値では明らかに勝っているのに悔しいのぅ…。

PRINCESS WALTZ(体験版)
ゆのはなのトコの新作っつーことでやってみました。…ぶっちゃけ戦闘シーンが劣化版Fate。テキストによる戦闘描写そのものではなく、演出面で激しく劣っています。頑張ってるとは思うのですが、もうちょっとスピード感が欲しいですね。あるいはむしろ静止画で演出するとか。もちろん体験版なので、製品版ではパワーアップしている可能性もありますが…。それと合体&変身には噴いた(笑)。

ちなみに戦闘は正直アレですが、日常描写面は面白かったです。立ち絵のあるサブキャラも多数居て力入れて作ってるなーと思います。ヒロイン(?)では静ラヴ。あとリリアーナが面白い(声優さんが上手い)ですね。



jpg:富竹
どうあっても死ぬのね(笑)。

jpg:猫リセット回避
DIO様の すごい 回避法(笑)。



 2月 6日

ちょっと怪我をしてしまいました。詳しく書くと痛いので書きませんが。くそぅ…中途半端な降雪め…。


○やきゅつく(DC版初代)
現在6年目。前回も書いたように世代交代に勤しんでおります。ただそうするとどうしても戦力が落ちてしまうので世界戦や宇宙戦が不安ですね。オーナー賞に1億出しても勝つのは難しそう。うーむ…。

波の間に間に 〜さざなみ診療所〜
まだ始めたばかりですが全体的にまったりしてて良い雰囲気。ヒロインズはどれも自分のツボを突いていて誰のルートから進めるか迷っちゃいます。サブキャラもちゃんと話に絡んできて、ただ居るだけのキャラになっていないのが好感触。終始この調子で話が進んで欲しいですね。
で、今度は不満点。一番目立ったのがスキップの使い勝手が悪いところでしょうか。既読部分なのに何故か止まったりするときがありますし。あとは強いて言えばもうちょっと背景画を頑張って欲しかったですね。どうも塗りがテキトーに見えます。まぁこれらはキャラへの愛が上回っているのでそれほどマイナスにはなっていませんが(笑)。


陰からマモル! 第5話
原作「ハレンチ忍者を追え!」と「椿の初でいとへの道」を組み合わせた話。組み合わせは上手だったし、マッチョなお姉さん方や、ゆうなの妄想(来い→恋変換)、夜中の2時登校等々笑える要素もあって中々良かったです。作画があまり良くなかったのとオチが少々強引だったのが残念ですが。つうか尾行していたはずの愛里はどこ行ったんだろ…?

Fate 第5話
まず気になったのがセイバーに妙に胸がある点(マテ あとどう見ても3人分どころではない量の夕飯&朝食。朝から鍋とかすごすぎる…(笑)。とまー細かいところはさておいて、1話よろしくまったりした雰囲気は良かった。戦闘シーンが肝の物語なのにそれ以外の部分の方が良いというのもどうかとは思いますが(苦笑)。
さて今回は原作でいうところの凛ルートのエピソードだったわけですが、原作でも思ったことなんですけどガントの命中率低いですよねぇ。あれだけ撃って1発も当たってませんし。階段を飛び降りたときのコメディ描写は状況的には違和感がありましたがなんだか笑えたので個人的にはオッケー。

今まではセイバールートっぽかったのに今回のように凛ルートのエピソードが使われたりしたことから、アニメ版は原作の誰かのルートをなぞるのではなく各ルートのいいとこどりをしたオリジナル展開になる可能性がありますね。アサシンのキャスティングが発表されてないのもそれが関係してるからなんじゃないかと邪推してみたり。はてさて…?



jpg:双流霧幻鳳樹(そうるむげんほうじゅ)特集
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
単発では意味不明ですけれども並べたら面白いかなーと思ったのでやってみました(笑)。探せばまだ種類がありそうです。



 2月 4日

うおー! REC観忘れたー! 開始が普通より1ヶ月遅かったためまだ先の話だなんて認識があって、すっかり放送日を忘れてました。まー見逃したものは仕方ない。視聴は諦めよう。


○やきゅつく(DC版初代)
現在4年目。世界一も取りました。いちおーリセットなしッス。
そろそろ能力が衰えてくる選手が出てくるので評価が下がる前に他球団の若手選手とトレードをしなきゃいけません。現実でやったら非難轟々な選手のトレード転がしもこのゲームでは必要なことなのです。ランクが高くて年齢も高い外国人選手を、獲ったとたんにトレードに出すとか当たり前(笑)。


半分の月がのぼる空 第3話
里香と仲直りできて良かったね。裕一はいい友達を持ってるなぁ。それにしてもあの嫌医者がちょっと出ないだけでこんなにも話がスムーズに進むとは。嫌医者は嫌医者なりの理由や考えがあってあんな行動をとっていたようですが、どんな理由があるにせよやはり嫌がらせや暴力を振るっていい理由にはならないと思うので今後も嫌医者呼ばわりしてやります。



jpg:これが未来世界だ!! きぼう編&はめつ編
世紀末覇者に笑った(笑)。

jpg:だまって食え
何言ってるのかサッパリわからん(笑)。



 2月 2日

突然ですが、やきゅつく始めました。しかもDC版初代(笑)。古すぎるせいか公式サイトも攻略サイトも見つかりませんよ?


バイオハザード4
無限ロケットランチャー買いました。ハハハ、見ろ、敵がゴミのやうだ!! …と調子に乗って乱発していたら近くの敵に当たって爆風でアシュリーが死んだりする罠。

○プロ野球チームをつくろう!(DC版)
つーわけで前記した通り始めました。目標は最高のチームの4番に清原を据えることデス! 基盤となるチームは巨人かオリックスかで悩んだのですが、清原がいるチームということで巨人に。でも清原は年棒が高くて初期は獲得しませんでした。目標のために今は耐えろ自分。

…で、現在3年目。とりあえず日本一になりました。メンバーはこんな感じ↓

1番ショート   松井 稼頭央
2番センター   大村 直之
3番ライト    高橋 由伸
4番レフト    松井 秀喜
5番サード    中村 紀洋
6番セカンド   金子 誠
7番ファースト  小笠原道大
8番キャッチャー サンチェス(架空外国人)
9番ピッチャー

ピッチャーは西口文也をエースに、上原浩治、門倉健、吉武真太郎、趙成a 等を使っています。先発は問題ないのですが中継ぎに少々不安があるチームになっています。まぁ野手はいいのを揃えたのでそうそう負けませんが。ていうかもうほとんど巨人の面影ないね。だがそれがいい。
古いだけあって引退したりメジャーに行ったりして今はもういない選手を使えるのも楽しみのひとつですが、読み込み遅いのが玉にキズ(苦笑)。



gif:SUMOU(gif動画)
と、跳んだーー!!(笑)

jpg:近すぎて
そんなきっかけで始まる恋もあるさ(えー



 1月30日

先日28日にapricoのキリウさんと、キャノンのリッカー改さんにお会いしました。で、リッカー改さん宅におしかけ(ホント、いきなりお邪魔してすいませんでした)バイオ4やらKOFやらEFZやらのムービーを見せていただいたのですが…なんつーか次元が違う? バイオ4はニューゲームで2時間クリアとかしちゃってるし、KOFやEFZはもう発想が違うというかそんなん思いつかねーよ! って感じのコンボが目白押しでした。いやー世の中ってホント広いね。勉強になりました。どんなに練習しても再現は出来そうもありませんが(涙)。ともあれ、とっても楽しかったです。ありがとうございました!


バイオハザード4
プロモード&「ADA THE SPY」クリア。「ADA THE SPY」はエイダがナイフ攻撃出来ないので弾数に気を配る必要があり、敵を全滅させてから進むというやり方は無理かなーと思ってやりませんでした。敵を倒したときに何かしらの弾が出る確率は高めなのでひょっとしたら全滅プレイも出来たかもしれませんが、それは運が絡みますしねぇ。まぁ今度ものすごーく暇な時があったらやってみようかな?(苦笑)
ちなみにプロモードのほうはやはりクラウザーで苦労しました。アーマー無いから攻撃2発で殺されますし。つーかラスボス弱くね? とりあえずこれでプロモードでも無限ロケットランチャーやシカゴタイプライターが買えるようになったので今度はお金貯めなくちゃ。…先は長いなぁ…。


陰からマモル! 第4話
原作でお気に入りの「なんてたってアイドル」の回だったのですが、観ててとても痛かったというか身悶えしたというか(汗)。椿と山芽を話に絡めること自体はいいと思うのですが、椿と山芽とゆうなで審査方法がまったく違うためコンテストそのものがとてもいい加減に見えました。「バナーナバナナ」をちゃんと歌にしたのはすごいですが、オリジナルの歌なのに曲が流れたのも不自然でしたし(原作とは歌った歌が違うしそもそもアカペラ指定)。この作品自体ノリが軽いお話ですが、やはり土台がしっかりしていないと楽しめません。少なくとも自分はそうです。というわけで気に入っていた話ということもあって今回は少し辛口めの感想で。あとは作画がもうちょっと安定してほしいですね…。

Fate 第4話
うーん、今回は更に戦闘がダメ。まずスピード感がない。英霊同士の常軌を逸した戦いなんだからもっと見えないくらいの動きでもおかしくないと思う。あと演出が寂しい。バーサーカーの攻撃は一刀ごとに地面を削ったり壁を破壊してもいいと思う。セイバーが攻撃を受けたときは、それこそ何十メートルも吹っ飛ぶくらいでないと。立ち上がるセイバーを悠長に待つバーサーカーは不自然だし、攻撃をする動作を見てから士郎がセイバーに駆け寄って突き飛ばすなんてそんな時間があること自体ありえない。凛のガントもキャンセルされるにしてももっと激しくフラッシュするくらいの演出が欲しかった。前回の宝石といい凛の魔術の威力はすごいはずなのにそれを簡単にキャンセルする英雄たちの凄さというのもがまったく伝わらない。とにかく戦闘シーンはもっと演出を強化すべきかと。あ、でもバーサーカーの目は光りすぎだと思う(笑)。



jpg:ハーレムのじゅもんがつかえます
うわ、似てる(笑)。

jpg:なんか言うことあんだろ?
すごく…カタそうです…。



 1月27日

この戯言も批評型+ネタ風味型かなぁ…とピンポイントな人にしかわからないことを書いてみる。でも自分の場合とにかく文章力が足りないのですよ。もっとシンプルかつわかりやすく言いたいことが書けたらいいのに。


フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース
アーバレストで最強無敵状態も燃えるけど、サベージに乗って機体性能が上の相手に勝利する様はもっと燃える! ガンダムで例えると旧ザクでニューガンダムに勝つかのような?(笑) ただ燃えるだけの展開ではなく、世の無常というか、かなめと一緒に居たときとはまた違う宗介の在り様が描かれていて面白かったです。


バイオハザード4
現在5−2。なんだかアシュリーをお荷物と感じなくなってきました。アシュリーが居たほうがプレイが慎重になるというか。レオン一人だと敵を全滅させてから進もうとして逆にやられてしまったりするところを、アシュリーがいると、例えば「閃光手榴弾」で目くらまししてさっさと進もうと思えるのでプレイ時間の短縮にもなるのです。そんなんレオン一人のときもやりゃあいいじゃんと思われるかもしれませんが、その場合「閃光手榴弾」等が勿体無くて使えんのですよ。ああ貧乏性…。

ちなみに現在の所持アイテム↓
・ハンドガン(パニッシャー)
・ショットガン(セミオート)
・ライフル(セミオート)
・ハンドガンの弾 150発
・ショットガンの弾 112発
・ライフルの弾 88発
・手榴弾 7個
・閃光手榴弾 6個
・焼夷手榴弾 4個
・ハーブ(緑×3)
・金の卵 6個
(空きスペース 8)


もちろん金の卵なんて勿体無くて使えないさ!!(宝の持ち腐れ)

波の間に間に 〜さざなみ診療所〜
杜氏の郷と同じ原画さんということで手を出してみました。といってもまだ未開封ですが。要するに絵買いなわけですが、シナリオ担当の北側寒囲氏もやり手っぽいので期待してまふ。ところでこのゲーム、タイトルを略すとしたらやはり「まにまに」なのだろうか?(笑)


半分の月がのぼる空 第2話
第1話よりはゆっくり進んだように思いましたが作中の時間の経過具合から考えるとやはり結構飛ばされてるのかな? それはそうと突然出てきた嫌医者は一体山で2ヶ月も何をしていたのか。そりゃあお医者さんにも休息は必要でしょうけど、仮にも「主治医」という立場の人間が患者を2ヶ月も放って置けるモノなのでしょうか? あと主人公も入院患者なのに、屋上に締め出されてるのを知っていながら放置していたのも医者としてどうかと思う。医者舐めんのも大概にしろと。つーか、好きとか嫌いとかいう以前にこいつ消えてくれないかなと思ったキャラは久々です。



 1月25日

しまった! フルメタの新刊買おうと思ってたのにうっかり忘れてた!(汗)


バイオハザード4
現在4−1。ファーストプレイとは段違いのスピードで進んでいます。プロモードとはいえやはり一回クリアしていると違うもんだなぁ。



 1月23日

今日はネタ画像がないわけで…(例によってバイオやってたから)。


フルーツバスケット 19巻
1冊まるごとカップルたちに重点を置いた内容でした。さりげなく重要な伏線の回収がされたりもしていましたが、それがかえって終わりが近いんじゃないかと思わせました。連載の方はどうなってるのかな?
それはさておき変わってしまった紅葉君を見て少し寂しく感じてしまうのはいけないことなんでしょうか…?(苦笑)


バイオハザード4
ノーマルモードクリア。ラスボスよりクラウザーの方が強いと感じたのですがどうでしょうね。でもやっぱり一番きつかったのは大量の雑魚との戦闘でしたが(笑)。エレベーターとかトロッコとかショベルカーとか、逃げ場のない戦闘は神経磨り減って疲れますな。
そんなわけでプロモードでスタートしたのですが最初の村の広場で大苦戦。結局チェーンソー男を倒すのを諦め、ふつうに数を減らして撤退に持ち込みました。1−2の砦は前回見つけた安全地帯(高台のはしご前)で登ってくる敵を叩き落し続けて事無きを得ましたが、普通に戦ってたらどれだけ時間がかかったことか…。1面でこれでは先が非常に思いやられますがとりあえず頑張るしかないなーといった感じです。

この青空に約束を―(体験版)
面白かった。先が気になる。フェイント見事にひっかかったさ!(笑) てなわけで発売日が待ち遠しい今作。ただ男キャラが別人が描いてるんじゃないかってくらい濃いですな。学園長と教頭が並んだ絵だけ見たら何のゲームだかわからないと思います(笑)。あと悪友(?)の顔もすっごくテキトーに見えます。このままだとあまりに違和感があるので製品版では何とかして欲しいところですが所詮は男キャラなので修正される確率は低そう。

ところでシステム自体はパルフェのものとほぼ同じで非常に快適なのですが、「StartUpTool」のデフォルト設定が「DirectXを使用する」で、それだと滅茶苦茶重くなりました。これからプレイしようと思っていてマシンスペックに不安がある人は、まず「DirectXを使用しない」にするといいと思います。


陰からマモル! 第3話
山芽登場。原作の話をコンパクトにした感じで、すっきりとまとまっていました。ただ許婚云々の話題が出なかったので最後に山芽がマモル達の学校に転校してくる理由がちょっと弱かったのと、作画が良かったり悪かったりと安定してなかったのがマイナスポイントかな。

Fate 第3話
「聖杯戦争」の説明はこれでもかってくらいしているので問題ないと思うのですが、それよりも遠坂が魔術師だったことへの驚きとか、学校でのイメージとの違いへの驚きとか、そういったちょっとしたことに対する説明が足りないと思いました。その辺すっ飛ばして凛と普通に会話している士郎にものすごく違和感が。

セイバーVSランサー戦に関しては個人的には悪くなかったと思いますが、続くアーチャー戦は微妙…というかの開始と同時にいきなりアーチャーが切り伏せられてましたし。確かに原作でも勝負は一瞬でしたし士郎視点からすればああいった演出にならざるを得ないのかもしれませんが、それだと原作を知らない人にはどういったやりとりがあってあの結果があるのかまるでわからないと思うのであの場面は凛視点に切り替えるのがベターだったと思います。第2話では何度か凛視点に切り替わっていたのにどうしてこーゆーときにそれをしないのか…。



 1月20日

バイオやっててネタ画像とかほとんど探してないワケですが。


こわしや我聞 9巻(最終巻)
サンデーの中で終わってしまって残念だった漫画のひとつですが、ついに単行本も最後です。期待していた伏線の回収(具体的には我聞の母の死の真相とか親父とテキストの関係とか)はやっぱりされませんでしたが代わりに超ラブラブおまけ4コマ(笑)とかミニ外伝(後日談)とかが収録されていて満足度自体は高かったです。

ゼロの使い魔 5・6巻
5巻まではまぁ良かったんですが正直なところ6巻ではガッカリしました。ベタすぎるくらいのファンタジー設定が良かったのに、戦争が始まったらとたんに別物に。夢とかロマンとか冒険はどこいったの? 特にガッカリしたのがコルベール先生をあっさり死にキャラにしてしまったこと。これによってこの作者さんは他のキャラもサクッっと殺しそうだなーと思ってしまいました。さしあたってギーシュとマリコルヌが危険度高そう…。


バイオハザード4
現在4−1。そろそろ弾薬惜しんでる場合じゃなくなってきました。とりあえず貯まりに貯まった手榴弾系(特に焼夷手榴弾)をうまく使いたいところ。



jpg:ランサーさん…?
確かに似てるかも(笑)。

jpg:策士・金糸雀
このあと真紅に殴られるのかしら〜?(笑)



 1月17日

今日のブリーチの幼織姫が可愛かった件について。


ここ数日中に買った漫画とか
ハヤテのごとく! 5巻
魔法先生ネギま! 13巻
前も同じこと書いたことありそうですが、サンデーやマガジンは本誌連載が単行本1冊分貯まったらわりとすぐに本になるのがいいよなぁ。ジャンプは連載分と単行本の差が開きすぎ。

ゼロの使い魔 1〜4巻
異世界召喚モノ。例によって異世界に召喚された普通の高校生・平賀才人はなんと伝説の使い魔だった…!! しかし使い魔なんで人権はゼロに近いのだった(笑)…てな感じ。設定も内容もかなりお約束ですがヒロインのツンデレっぷりに全てが許せる、そんなお話です(えー


バイオハザード4
現在3−1・古城。命中率は85%くらい、死亡回数は0(死んだらコンテニューしないだけですが)。このゲーム、ある意味ボスキャラより雑魚がいっぺんに沢山襲ってくるほうが嫌かも。巨大魚とか巨人とか村長とか盲目カギ爪の人はノーダメージで倒せましたし(何度もやり直したけど)。そんなわけで現在盲目カギ爪戦の後に行ける大部屋でわらわら出てくる教徒集団に苦戦中。ていうかアシュリー邪魔すぎる(汗)。


陰からマモル! 第2話
椿登場。ゆうなのみならずクラスの女子や先生にまで振り回される椿は、声の効果もあって原作より可愛いかもしれないと思ったり。アクションシーンも何気に良かったですし、前回のゆうなのお風呂シーンや今回の椿の犬に舐め回されて「そんなトコ舐めちゃダメぇ〜」発言のような原作にない微えろす展開も見所かも(笑)。あとは放送が深夜2時50分なんて時間じゃなければ文句ないんだけどなぁ…(苦笑)。

Fate 第2話
ついに我らが慎二君セイバー登場! しかしセイバー登場時の絵と凛ED絵は綺麗でしたが、全体的に見ると作画は微妙でした。同時に動画も微妙。おかげで序盤の大きな見せ場であるはずのアーチャーVSランサー戦もあっけないというか、ランサーの凄さとアーチャーの凄さがイマイチ伝わりませんでした。前回も書いたようにこの作品は戦闘が肝だと思うので今後もこの調子だったらどうしようと激しく不安にさせる回でしたね。



gif:ダービー・いい男・コレクション(下ネタ注意)
えもいわれぬ存在感があるなぁ(笑)。

jpg:ファイヤーエムブレムクロスレビュー(下ネタ注意)
ハーディンのニーナに対するコメントの突き抜けっぷりに笑った(笑)。



 1月14日

今日は久々に大雨だったなぁ…。


バイオハザード4(GC版)
始めました。序盤はチェンソーに大苦戦。現在も1−2の最初(砦?)で苦戦中。敵全滅を狙ってるのですがこれが中々難しいッス。


半分の月がのぼる空 第1話
原作未読ですが明らかに端折ってるのがわかる展開と、第1話にして安定感のない作画。あまりいい出来じゃないな、というのが正直な感想。そもそも全6話で終わらせようってのが無茶なんじゃなかろーか。



jpg:KAIJI The ANIMATION 総集編
…って右下違うよ!(笑)

jpg:丸ごとちよ父がー…!!?
よく見ると確かにそれっぽい(笑)。



 1月12日

今更ですがD.C.S.S.の第24話を撮り逃しました。正月(1月2日)だし放送しないだろうと勝手に思い込んでいたらきっちり放送されていた罠。再放送も陰からマモル!に気をとられてバッチリ忘れてたさ♪(キッズステーションなので週2回放送するのです) ここまで撮っておいて失敗したのは痛いですが、どーせ最終回の評判は激悪なのでもうゴールしてもいいよね…?


ARIA 8巻
身近な知り合いの密かな恋が発覚しちゃった話ではあまりのラブラブ(?)っぷりに思わず悶絶しちゃいましたよ?(笑)


ToHeart2 XRATED
ちょっとしか進んでおりません。まったり。

体験版色々
青空の見える丘
体験版はオリジナルのショートストーリー。声なし。主人公がおバカでスケベなんだけど顔がいいので許されてるというあたり秋桜の空にのオミくんを連想させます。…と言ってもさすがにオミくんほど突き抜けてはいませんが(笑)。ノリはかなり軽く、テンポも悪くないので気軽にプレイできます。

ゴア・スクリーミング・ショウ
ホラー系。雰囲気は良いですし、少女漫画系のキャラデザも雰囲気に合っていると思います。ただサンプルCG見るとどうも陵辱系のルートがあるっぽく、その手の展開はあまり好きでない自分としては購入はちょっと考えてしまいます。体験版の先は気になってるんですけどね…。

もしも明日が晴れならば
愛する〜♪ 人よ〜♪ そ〜ばにいて〜♪

…閑話休題。恋人が死んでしまったんだけど幽霊となって戻ってきて…という「黄泉がえり」系?とでも申しましょうか。面白かったです。なにより主人公が一途でいいやつなのが良かった。ただそれだけに(心情的な意味で)他のヒロインのルートに非常に行きにくくなりそう。その辺の展開を納得のいく内容にできるかどうかでこの作品の良し悪しが決まるような気がします。



jpg:平仮名にしてみた
それだけでこんなに愛しく!(笑)

jpg:マー
まぁすごい(棒読み)。



 1月 9日


超力兵団が出るまでにはPS2買い直さねば…。


陰からマモル! 第1話
OPはゆうなが歌ってるって設定だけに微妙に電波でした(汗)。あと走ってる演出がらんま1/2でした。そういや原作3巻の クマ恐怖症治療→パンダの檻に閉じ込める→悪化→野性に返る のあたりは乱馬の猫拳習得のエピソードに似てた気がしたけど何か関係が!?(ねぇよ

内容的には原作1巻の1話と2話をくっつけた感じで、ゆうなはボーリング場ではチンピラに絡まれるのではなくいきなり如何わしい取引(白い粉でなくなってますが(苦笑))を目撃して拉致される展開に。ただマモル君が明らかに事件が起きる前に異変に気付いていたり、にもかかわらず車で連れ去られるのを止めずに眺めていたりと不自然な点がありましたが。まあ手っ取り早く本拠地を壊滅させるための行動だったと思えばなんとか…。その後のマモル父母との会話もやけに説明的でしたがこの辺は第1話だし仕方ないかな? とりあえずキャラクターが出揃うまでは色々とエピソードが削られるのはアニメの宿命だと思っております。だからキャラが揃ってからに期待。

Fate/stay night 第1話
OPはゲームのアレンジバージョン。個人的にアレンジ版のほうが好みです。

サブタイトルが「始まりの日」と銘打たれているものの特に何かが始まるわけではなく、主人公である士郎の置かれている状況が丁寧に説明されていた第1話。丁寧すぎてむしろ2クールで終わるのか心配になるほど。なんせセイバー召喚が2話のラストっぽいですし(苦笑)。ゲームでは立ち絵のなかった雷画爺さんや後藤君、ネコさんパパの登場は地味に嬉しかったですね。この辺はアニメならではでしょう。
凛の声はイメージとは違ったのですが、だからといって不満なわけでもなく。他キャラも美綴の声がちょっと高いかな、と思ったくらいでそれ以外は違和感ありませんでした。ただアサシンだけは置鮎龍太郎さんボイスで完全脳内固定されているので是非とも置鮎さんでお願いしたいです。

作画良し、動き良しで、文句なしの高クオリティでしたが、この物語はやはり戦闘が肝だと思うので本格的なアクションシーンを見るまで油断は出来ませんね。冒頭の戦闘シーンのクオリティで安定してくれれば文句ないかな。冒頭といえばちょっと話が脱線しますが、シルエットの男(笑)の声って檜山修之さんなのかな…?(自信なし



jpg:ザラキ!!!
え、ちょっ、トドメ!?(笑)

jpg:ロマンシング東方
アリスや…。・゚・(ノД`)・゚・



 1月 7日

ちょっと仮眠とるだけのつもりが起きたら午前3時半…。


陰からマモル! 3・5・6巻
アニメ放送前に間に合いました。これで予習は完璧ですよ?(笑)

…でまぁ感想としては…主人公が忍者なわけだしなんでもありっていっちゃーなんでもありなんでしょうけど、正直宇宙人はどうかと思うわけですよ。ぶる丸くん、ぶっちゃけ大好きだけどSFはどうかと思うわけですよ(汗)。4巻でばあさんは根来忍者いうてたのに6巻で甲賀忍者になってたけどその辺どーなのよ?(ちなにみ母方の祖父母は服部(伊賀)なのは判明済み) …とか、いくつか思うところはありましたがそれ以外は安定して面白かったです。阿智作品は読みやすくていいやね。


ToHeart2 XRATED
るーこルート突入。正月はEFZをちょこちょこっとやったくらいで他のゲームは全然やらなかったので、前回戯言で書いたところからほとんど進んでおりません。それにしてもPS2版プレイ当時はあまり思わなかったのですが、改めてプレイしてみると三宅氏の文章ってテンション高かったんだなぁ…。ささらシナリオもやたらとテンション高かったですし。

EFZ
久々に舞使ってみたら全然動けませんでした。ついみっしーと同じノリで動いてしまう…(汗)。



png:阿部さんはどこからくるの?
咥えた薔薇がなんとも素敵(笑)。

jpg:四葉のクローバー(「つよきす」クリア済み推奨)
よっぴー…。・゚・(ノД`)・゚・



 1月 4日

三が日も終わってしまいましたね。まぁ自分はその間暇を持て余していて思わず『僕にお月様を見せないで』全10巻を読破してしまったわけですが。さらにそれでも暇だったので、今度アニメが始まる『陰からマモル』を買ってきて読んだりもしてました。こちらは6巻まで出てるらしいのですが近所では2巻と4巻しか見つからず、読破とは行かなかったので近いうちに探して買い揃えようと思ってます。というわけで…


僕にお月様を見せないで
好きな話は9巻の「ジャージーコンドルの逆襲」。楓派の自分としてはラストが残念な展開ではあるのですが、

「神様って本当に意地悪だよな。唐子」
「もうぼろぼろだってのに、これ以上がんばれって言うんだもん」
「これが最後の、これで最後の、クソ力だああああああ」

…のあたりは読んでいてジーンときました。銀之介君格好良すぎ。ちなみにさっき楓派と書きましたが、一番好きなのは銀之介君なのです。ヒツジで草はみはみ、めっちゃなごんださ!(笑)

陰からマモル!
改めて読み直したらわりと面白く感じました。今のところ一番好きな話は2巻の「なんてたってアイドル」でしょうか。ゆうなを沢菓が癒し系だのなんだのと評している際にマモルがボソっと言った

「あれで癒される人間がこの世にいるんだろうか? いや、転んでも泣かないで起き上がるってことは伝えられるかもしれんが………癒しじゃないだろ」

…ってセリフが妙に説得力があってツボに入りました(笑)。転んでも泣かないで起き上がることを伝えられるヒロイン…いいじゃない?(笑)



jpg:おかあさん塾
説得力ねぇー!!(笑)

jpg:内定通知
胡散臭ーー!!(笑)



 1月 1日

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

久々にEA攻略ページなんて更新してみる。今更需要なんてほとんどないでしょうけどそーゆー気分になったもので(えー


EFZ
みっしー使い始めてみる。動きはちょっと遅いけど、槍いいね。


ARIA 第13話(最終話)
予想してた屋形船の話ではなく、原作「アウグーリオ・ボナーノ」の話をアレンジした最終回でしたがほぼ全員集合の集大成と言える話になっていました。郵便屋さんがいなかったのは残念でしたが、アイちゃん、グランマ、アル君などはしっかり再登場しましたし。あとは最後なのにちょっと作画が安定してなかったなーとか、夜にあれだけ人がいたのに初日の出見てる人は他に誰もいなかったりしたことに違和感を覚えたりしましたが、全体的に見たらいい最終回だったと思います。

…と、最終回ではあったのですが、第2期製作決定とのことで寂しいってことはありませんでしたね。それなら最初から2クールとかにして第1話(灯里がAQUAに来たとき)から作って欲しかったなぁとも思いましたが。なんにせよ嬉しいことには違いありませんね。



jpg:続・KAIJI The ANIMATION
その1 その2 その3 その4 その5
何でこんなに馴染んでいるのか…それはカイジが海の男だから…!

jpg:さよなら
…って逆ー!!?



戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット